不思議現象

私だけが気が付いていた心霊写真

先日、北海道の実家にての会話。

ふきの煮つけを料理している母が、

「取ってきたきたふきを○○さんにあげたら、料理したから食べてと持ってきたので、食べたら筋だらけで食べられなかったさ。皮をむく事知らないんだもん、参った」

「○○さんて、ずっと前に引っ越した後に写真付きの葉書を送ってきた人?

神社の鳥居の前で家族で写っていた写真の」

母が少し考えて、

「そう、あの写真の奥さん。よく写真を覚えていたね」

もう30年ほど前の事ですが、ご近所の○○さんが仕事の転勤で福岡に引っ越し、その後今でも毎年葉書を送って下さるのだそうですが、私が覚えていた葉書は一番最初のものでした。

何故、私はその葉書を覚えていたのか。

今でもはっきりと覚えています。

ご家族の後ろに写っていた鳥居の、向って左側のコンクリートで出来た土台に、小さく人の顔が写っていたのです。

男の人の頭でした。

カラー写真なのですが、その顔は白黒の印象が有りました。最初は土台の傷かシミかと思ったのですが、じーっと良く見ると、やはり顔です。

私は学校から帰って来て、幼い弟と母と3人で写真を見ていたのですが、私はその顔に気がつき、変なの写ってるなぁ、先方さんは分かってて送ってきたのかなぁ・・・など考えながら見ていたのですが、気が付いていたら送らないですよね、きっと。

それ以後、霊障など無いか気にはなっていたのですが、少し暗い印象はありましたが、それほど嫌な物は感じませんでしたので、神社だから自縛霊じゃないかもしれませんし、家族には話さないでいました。

そして、今回、初めてその話を母にしました。すると、、、

「あら! あの後お孫さんが電車に轢かれて亡くなってるんだよ」

「ああ・・・」それを聞いて私も思い出しました。

その時は既に就職して家を出ていたので、風の噂でちらっと聞いた程度でしたので忘れてました。

「あの写真はご先祖か神様の警告だったのかねぇ。教えてあげた方が良かったのかな・・・」

そんな話をしながら、「あの写真はまだ有るの?」と聞くと、母は、

「引っ越した時にどこかに行ったと思う。捨てたかな? たぶんもう無いよ」

供養もせんと捨てたんかい(^^;)みたいな。。。

お孫さんはお気の毒でしたが、今年も年賀状を送って下さり、その住所からGoogleの航空写真地図で福岡のどんな所か母に見せてあげました。

地球の映像から家の屋根の形まで分かる今時の地図に、古い私の両親は関心しきりでした^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<臨死体験>「死の1秒前」はどんな感じ?全容を紹介―中国メディア

米国の著名な心理学者レイモンド・ムーディさんが150人の臨死体験者の証言をもとにまとめた臨死体験だそうです。

「ほぉ~」と思わせるものがありますので、読んで下さればと思いおます。

人生の価値観が変わりますでしょうか。

リンク: <a title="<臨死体験>「死の1秒前」はどんな感じ?全容を紹介―中国メディア - 速報:@niftyニュース" href="http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20090310029/1.htm"><臨死体験>「死の1秒前」はどんな感じ?全容を紹介―中国メディア - 速報:@niftyニュース</a>.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死者のたたりか?墓地跡地の学校で自然発火=科学の力が超常現象の謎を解いた

火災の原因として、強い電磁波がストーブなど電子機器の異常作動を引き起こし火災を発生させたり、金糸を発火させる事も知られてますが、リンも場合によっては無視出来ない出火原因になるのでしょうね。

  リンで思い出すのが、父と母に聞かされた子供の頃に体験した話です。

 父の実家は農家で、ぐるりと周りが田んぼで囲まれてます。

隣の家まで近くて100m前後でしょうか。北海道の広い平地ですので、遠くまで見通しの良い地理的環境にあります。

ある日の朝、父が向いの家を見ますと、屋根から光る火の玉の様なものがユラユラ~っと登ってゆくのが見えたそうです。

何だありゃ?と思っていたのですが、時を同じくして、そこの家の御老人が亡くなったのだそうです。

人魂はリンが燃えた現象だと言われてますが、亡くなって直ぐに発生して発火するのかは疑問ですね・・・。

 母の実家も農家なのですが、家は平地ではなく山の中です。

家の裏はぐるりと山に囲まれています。

私が子供の頃、冬休みは毎年泊まりに行って裏山でソリ遊びをしたものです。

母が子供の頃、ある日の夕方、裏山を見ますと、何やら火の玉が松明の様に幾つも並んで発生しているのを目撃したそうです。

「キツネの嫁入り」と言われる現象です。

その火の玉の行列が移動している様子は、まさにキツネの嫁入りの形容がぴったりなのかも知れませんね。

おそらく、これはリンの発火現象かと思われます。

昔ですから、今と違って動物が豊富に居た事でしょうし、その動物達の死骸が、条件がそろうとリンを発生させるのでしょうね。

母が見たのは後にも先にもその1度だけでした。

とても稀な現象なのでしょうね。環境が変わってしまった現代では、もう見る事は出来ないのかも。

リンク: <a title="死者のたたりか?墓地跡地の学校で自然発火=科学の力が超常現象の謎を解いた―湖北省襄樊市 - 速報 ニュース:@nifty" href="http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20090215015/1.htm">死者のたたりか?墓地跡地の学校で自然発火=科学の力が超常現象の謎を解いた―湖北省襄樊市 - 速報 ニュース:@nifty</a>.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オバマ大統領時代のUFO研究 - 速報 ニュース:@nifty

オバマ大統領就任式の映像に、UFOが写っていたようですね。

黒い影が高速で移動していたそうですが、9・11の飛行機がビルに衝突する映像にも超高速で飛び去る黒い物体が写ってましたね。

就任式の映像は見ていないのですが、同じ種類の物でしょうか。

アメリカが地球外文明の存在を公表する時、どんな世の中になっているのでしょうね。

普通ではない状態の時になるような気がします。

リンク: <a title="オバマ大統領時代のUFO研究 - 速報 ニュース:@nifty" href="http://news.nifty.com/cs/item/detail/naigai-2009020285977594/1.htm">オバマ大統領時代のUFO研究 - 速報 ニュース:@nifty</a>.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痲賀多神社 写真に顔の様なものが・・・

2008年1月26日。

ちょうど1年前になりますが、女房の友人のお母さんを成田空港まで送る事になり、無事に送り届けました。

せっかくここまで来たのだからと女房達に、「すんごく大きな木がある神社に行ってみようか」と誘ってみました。

女房は「おちつくから・・・」と、神社が結構好きだったりしますので、すぐに「いいよ」。

クリスチャンなんですけどね。

20081magata_003m_2 麻賀多神社。

ここでは説明を省きますので、こちらなどを参照してください。

http://www.genbu.net/data/simofusa/makata_title.htm

岡本天明氏が啓示を受けて、ひふみ神示を書き始めた場所です。

20081magata_041m 天之日津久神社。

私の立ち位置が近すぎました。

本来は右手前の岩の上に有ったのですが、放火に有って焼失し、場所を移したのだとか。

「おわ~っ!!」

樹齢1300年以上の大杉を見て女房達はとても驚き大喜び。

Sugi 目線の少し上に浮かび上がる大きな顔を不思議そうに眺め、記念写真を撮ったり、携帯で写メしたり。

これは、そんな様子を撮影した写真です。

この写真に写っている杉の巨木の一番上ですが、白い顔の様なものが写っている様に見えるのですけど、顔に見えるのは目の錯覚でしょうか・・・?

一年前は全く気がつきませんでした。

いつも話題になるような物が写ってないかよく確認するのですが、何故か見逃していたようです。

錯覚じゃなければ、日津久の神様でしょうか。

それはないか。

神示が降りた様な神社ですから、不浄の物ではないだろうと、勝手に決める事にしますが、何か感じる方がおりましたらご連絡下さればと思います^^

Sugi2 拡大してみました。

うーん。。。?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NASAのUFO映像(YouTubeにて)

YouTubeに投稿されたます、NASAのUFU映像を幾つか紹介させて頂きます。
宇宙空間での撮影のみ集めましたが、まったく不思議なものですね。
宇宙船とも自然現象とも映像だけで判断してはいけないと思いますが、ほぼ間違いなく意志を持った者により操られている何かでしょう。
こんなのが大気圏外にうようよ飛んでいるとしますと、人類の世界観も大きく変えなければならなくなりますね。

私たちの手元に届く映像は、「まあ流出してもいいや」なんて程度のレベルの物なのでしょうか。

http://jp.youtube.com/watch?v=6Z3cL30Tujo&NR=1
NASA UFO

http://jp.youtube.com/watch?v=w7IzXHsym7k&NR=1
NASA UFO Footage from Above Earth UNSEEN

http://jp.youtube.com/watch?v=5pawTzpNKW4&feature=rec-HM-r2
ufo nasa

http://jp.youtube.com/watch?v=As-wYmFYb3I&NR=1
UFO NASA's unexplained tether overload incident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更新できず・・・

あっという間にクリスマスも過ぎ、もういくつ寝るとお正月~みたいな状況になってしまいました。

たまにネットに繋ごうとすると、接続がうまくいきません。繋がってもすぐに切れたり。

パソコンに問題はないと思いますので、サーバー側に何かあるのでしょうか。他のニフティの方は接続状況いかがでしょうかね。私だけでしょうか・・・

今日は1つ投稿しようと思ったのですが、時間がなくなってしまいました。

来年に持ち越しとします。ネタは幾つか用意してますが、期待はしないでください。

先日、ルフランさん宅にお邪魔し、軽く忘年会をしました。

何時頃でしたか(午前0時頃かなぁ)、ササさんが、「外に誰かいる!」と言いました。

1階のリビングで窓はカーテンをしていません。

室内にいる私達がガラスに映りこんでいる以外に、女性が窓に映ったそうです。

お勝手口のすぐ横の場所でエレキギターを持ちながら飲んでいた私は、すかさずドアを開け、ギターを持ったまま(何かあった際には武器になりますし身を守る道具になります)「誰だ~。誰かいるのかー」と言いながらあたり見まわしたのですが、誰もいません。誰かが近くにいる気配もありませんでした。

もっとも、私は窓の傍に居たのですから、外に人が通れば足音がしますので気配を感じる事と思います。

ササさんが見たのは何者だったのでしょう。。。

寒い季節に寒い話でした。

皆様、良いお年を~

| | コメント (10) | トラックバック (0)

太陽観測衛星SOHOの不思議画像

久々の投稿になります。

今年の夏に太陽の黒点が消えて以来、時折SOHO画像のチェックをしているのですが、いまだに黒点は復活していません。

この状態が長期に渡りますと、地球の気候に良からぬ影響が出るものと思われますので少し心配になってきます。

ところで、本日のC3画像に何やら意味不明の物が写りこんでいましたので紹介することにしました。

http://sohowww.nascom.nasa.gov/data/realtime/realtime-c3.html

Soho1 画像左上のUターンをしているかのように見える丸い光は、いったい何なのでしょう?

公開されている前後の写真には写っておりませんので、短時間に現れた物の様ですが、宇宙は不思議でいっぱいですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

泣き塔

神奈川県鎌倉市の深沢に、「泣き塔」と呼ばれる石塔があります。

Nakitou_012s_2 場所はJR大船工場敷地内に有る運動グランドの脇(写真右)に有る、小山といいますか、丘の上に有ります。

丘の周囲は鉄柵で囲まれおり、入口にはカギが掛けられています。

「泣き塔」 鎌倉市の指定有形文化財。

拡大写真ですので、写りは良くありません。Nakitou_011_c

敷地内に入るには、事前にJR清算事業団に連絡し、施錠の番号を聞く必要があるそうです。電話番号は045(441)0981。

Nakitou_013s Nakitou_008s 事前にネットで調べて、グラウンドが市に払下げされた為に自由に出入り出来ると思って行ったのですが、現場に来て出入り出来るのはグラウンド内の事で、丘の中には入れない事が分かりました。

策は私の胸ほどの高さしかありませんので、乗り越えて入ろうと思えば簡単なのですが、結界に無礼な形で入ることはせず、外から遠巻きに写真を撮ってきました。

Nakitou_010_cs 石塔の右側に、4つの小さな供養塔が置かれていますが、私が撮影した場所からは見えませんでした。

梶原景時の供養塔だそうです。

「泣き塔」の由来

ここ深沢は、鎌倉時代の末期の1333年に、大軍を率いて鎌倉に進軍する新田義貞と迎え撃つ北条軍とが壮絶な戦いをした「州崎の戦い」の場となった古戦場でして、泣き塔はその激戦の中心となった地に立てられています。

新田軍を6万の兵で迎え撃った北条勢ですが、丸1日に60回もの戦闘が行われ、6万あった北条の兵が300まで激減するという激しいものとなり、敗れた北条側の武将は敗走し、自害する者もあったそうです。

この戦で亡くなった方々の霊を慰める為に石塔が立てられたと言われてます。

形の良さと、1356年と刻まれた年号から、国の重要美術品に指定されているそうです。

 そんな塔なのですが、この土地の地主となった人が必ず貧乏になるので次々と地主が変わったそうです。

仕方がないので、場所がほど近い青蓮寺に移設したのですが、夜な夜なすすり泣きが聞こえます。

住職は驚き、「これは元の場所に戻りたくて泣いているのだろう」と判断し、村人と相談したうえで元の場所に戻したそうです。

それ以降泣き声は無くなったのですが、一方で、この塔の傍に有るやぐらに風が当たる音が塔に反響し泣くように聞こえる事から、「泣き塔」と呼ばれるようになったとの説もあるそうです。

・この塔を見ると祟りに遭う。

・この塔を見ると、数日以内に幽霊を目撃することになる。

・また、横須賀海軍工廠深沢分工場が造営された時に塔を撤去しようとした人間が次々と不審な死を遂げた。

とも伝えられています。

これらの言い伝えは周辺地域を開発から取り残すほどの影響を与えましたが、今ではモノレールが走り、地域一帯は賑わっています。

意外と、JRがグランドを手放したのは、経営不振とか工場内の事故とか、何か気になる事があったのかも^^

泣き塔は指定文化財であるにも拘らず、ガイドブックには載っておりませんが、鎌倉のウォーキングコースとして散歩のイベントで訪れたり、肝試しで訪れる人も居るそうですが・・・

Nakitou_007_c うーん、http://www7.plala.or.jp/SHONANJIJII/p11/index.html

後でこちらのサイトを見て分かったのですが、丘への登り口に白い看板が有るのですが、私が見たのは縁取りの木枠だけになっていました。

本来はきちんとした看板だったようです。

自然に朽ちたのでしょうか。それとも、誰かが壊したのでしょうか。

管理と整備がどの様な仕組みになっているのか分かりませんが、歴史を伝える貴重な遺跡ですので、大切にしたいものですね。

保存するには人々に知られない方が良いのか、それとも有名な場所にして管理体制を強化した方が良いのか分かりませんが、場合によっては、私も何か出来る事があれば立ち上がっても良いかなと思っています。

あんまり場所が荒れると、また塔が泣き出すかも。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六本木ヒルズの都市伝説だそうな

Tower_036s [写真 とっち撮影]

赤穂浪士が切腹した場所に六本木ヒルズが建てられていたとは知りませんでした。

オープン早々痛ましい事故がありましたし、確かにこのビルが利益優先型資本主義終焉の時節を象徴しているのであれば、回転扉は異界の岩戸開きというよりも新しい世への岩戸開きともバベルの塔とも言えなくもないですが、世界規模でみればそれ程高いビルでもないですから、都市伝説も考えすぎかもしれませんね。

しかしながら、 赤坂の”A”kasakaと六本木の”R”oppongiのつなぎ目=”K”notに存在することから頭文字をとってARK(アーク)ヒルズと名付けられましたが、暗雲立ち込める世界経済を見ますと、「アーク」のネーミングは何かしらの因縁によるものかもしれませんね。

アークとは、モーゼが神から授かった十戒が描かれた二枚の石板が収められた箱だそうですが、紀元前900年頃に消失し、今現在までどこに有るのか分からないのだそうです。

「あなたたちがこの地で大いに増えるとき、その日には、と主は言われる。人々はもはや、主の契約の箱について語らず、心に浮かべることも、思い起こすこともない。求めることも、作ることももはやない。
 - エレミヤ書 3:16(紀元前626年頃、エレミア自身による言葉)」

聖書にこうあるように、十戒は良い日が訪れた際には不要のもであるならば、六本木ヒルズに象徴されるものも、近い将来には不要となるのかもしれません。

岩戸が開けた新しい世では、あらゆる仕組みが無為自然に行われ、戒律が無く、与え合う事を喜びとする人々によって進化し繁栄し、明るく希望に満ちた未来を切り開いている事でしょう。

=============================

http://news.nifty.com/cs/item/detail/naigai-2008092542366910/1.htm

リーマン・ブラザーズ倒産の都市伝説! ヒルズ族の呪い

2008年9月25日(木)15時0分配信 内外タイムス

 リーマン・ブラザーズという世界的な巨大企業の崩壊は、世界恐慌さえ起こしかねない事態に発展しつつある。そんな中、奇妙なうわさ話が都市伝説として語られている。リーマンを含む、六本木ヒルズのテナント企業に「666の呪い」が襲い掛かっているというのだ。

 六本木6丁目・六本木ヒルズという住所を分解すると6という数字が三つ並ぶことが分かる。「666」。これはホラー映画「オーメン」で有名になったのだが、聖書でいうところの獣・悪魔の数字を意味しているという。この悪魔による「666の呪い」がヒルズ族に襲いかかっているというわけだ。
 しかも、ヒルズの最寄駅である地下鉄・溜池山王駅からは、13番出口からヒルズに行ける。この13という数字も、不気味な数字と言われている。アークヒルズという名前も、意味深であると都市伝説では指摘されている。アーク=聖櫃を意味しており、ヒルズ族の墓所だというのだ。あくまで都市伝説に過ぎないが、ここまで偶然の一致が続くと不気味である。
 ビルそのものを都会にそびえ立つ墓標と解釈し、回転扉を異界の岩戸開きと見る見方もある。あまりにも恐ろしいシンクロニシティである。
 考えてみると、ここ2年の間にヒルズ族には数々の受難が降りかかっている。あのライブドアの総帥にして話題の人であったホリエモンは逮捕され、派遣業で大儲けした折口雅博は介護でつまずき、グッドウイルカンパニーの代表の座から追われた。藤田晋は、元妻の奥菜恵に暴露本で私生活を書かれ、宇野康秀の運営するUSENは業績が悪化した。これらは客観的な事実であるが、都市伝説とリンクさせて考えると気味が悪い。もちろん、あくまで偶然の一致なのだが…。
 他にもヒルズ族の周辺には奇妙な事件が多い。2004年3月には、回転ドアの事故で子供が死亡。2005年2月には、ゴミ集積所で胎児の入ったビンが発見されている。ヒルズのある場所は、もともと毛利藩邸跡で、赤穂浪士が切腹した場所であるのだ。まさか、赤穂浪士の祟りとは思えないが、街中やネットでは不思議な風聞が囁かれている。
 当然のことだが、ヒルズ族の中には誠意ある企業もあるし、大部分が社会に役立つ企業を目指している。また、放漫な経営戦略に対して、非難の声があがるリーマン・ブラザーズは、かつて日本を救ったことがあるのだ。1977年に同社はクーン・ローブ社と合併しており、そのクーン・ローブ社は、日露戦争開戦当時、日本の軍費調達に力を貸してくれた企業なのだ。
 世界中の銀行がそっぽを向く中、クーン・ローブ社だけが融資してくれた。この融資がなければ、日本はロシアに敗れていただろう。この誠意が今も残っていれば、リーマン・ブラザーズは崩壊しなかったのかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧