趣味

Ibaneze IBZ3R(ギターアンプです)

14日の日曜日、今まで愛用していたチビギターアンプのマーシャル MS-2がいきなり壊れてしまいました。

電源が供給されません。

分解してみましたが、修理不能。長年愛用してきましたが、しかたない、処分しました。

どこかで中古のアンプを探さにゃならんと思い、知ってる中古楽器店にどんな商品があるかネットで調べていたのですが、どこも距離にして家から20Km以上。

ササさんからメールが有った際その話をしますと、近くにハードオフがあり、そこに5千円ほどのアンプがあるとの事。

たまに通る道なのに、そこにハードオフが有るのを知らなかった私。さっそく翌日に行ってみました。

なかなかの品揃えでしたが、その中から10wのアンプを探し、程度の良い美品を見つけました。

Amp_001

それがこのアンプ、「Ibaneze IBZ3R」

エレキギターメーカが作ったアンプです。

紫のツマミが特徴。

本当はマーシャルのアンプがあればと思いましたが、性能は分からずとも日本のメーカーが作るアンプですので、悪いものじゃないだろうと、購入を決めました。

私のギターもIbanezeですし相性はいいだろうと、それも購入の決め手になりました。

消費税付きで5250円。

シリアルNOは97060487ですから、1997年製の様です。

早速家に帰って鳴らしてみました。不具合があれば返品しなければなりません。

一通り作動チェックしましたが、問題無しで一安心。

家では大きな音は出せなくて、せいぜいボリュームのメモリ1~2程度の音量と、このクラスで他メーカーと比べる対象もありませんでしたので、音の良し悪しは語れませんが、ギターの性質に素直な良い音を出していると思います。

と言いますか、今まで1wのMS2で連取してましたので、それと比べますと気持ち良さを感じるほどです。比べるのもおかしいですが。

一応、今後使うにあたって参考にする為に、何か資料がないかとネットで検索してビックリ。

何一つ見つかりません。メーカのカタログもありません。ヤフーのオークションですでに終了したものが1件あるだけでした。

アンプの評価や特徴を調べようにも、皆無。。。

ひょっとして、世の中に全然出回っていない激レア品なのだろうか。評判悪くて誰も買わなかったとか?などと考えましたが、実際に音を出すと、普通に良い音が出ていますので、そんな事は無いかということで、多分買った方は手放していないのでしょう。

メーカもギターがメインなので、アンプの宣伝には力を入れていないのでしょう。ですから、モデルチェンジで古くなった型はいつまでもネットに掲載されずに削除されるのでしょう。

しゃあない、せっかくの縁だから私がレビュー書くか・・・となった次第。

といってもこれといった特徴も無い様ですので、特に書くことも有りません。

いつか大きなボリュームで、エフェクターを使わずにどんな歪みになるかなど試せた時は、またレポートしようと思います。

ササさんにアンプ購入を写メでお伝えしたところ「私のアンプと同じですよぉ~。このアンプのベース用バージョンです」と、驚きの電話が。

まさか数あるアンプの中で、数の少ないIbanezeで一致するとは、偶然とは面白いものです。

いや、この大宇宙に偶然など無くて全てが必然であるとするなら、この一致は何を意味するのか。

早くジャムれという事でしょうか(。・w・。 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギターのある生活

ちょこっと、音楽的趣味の話をば。

[Greco super sounds]

Greco_010s_2 Greco_006s_2           

79年製。

少年時代、親が買ってくれたギターです。

確か38000円の「SE380」で、SEシリーズの最廉価モデルですが、質実剛健、しっかりと作られており、不具合は有りません。

保存状態が良く、ネックはピカピカ。ボディーはそれなりに傷がありますが、良い艶を保っています。

5弦6弦のバリっとした音質と上品な綺麗な音は私好みです。

以前、70年代初期のフェンダーを持っていましたが、比べましても音質は感性によるので値段は関係無いと思わせる良いギターですが、ピックアップのパワーは上位機種と比べますと低く設定されているようです。

しかし、プロならまだしも、私の様なビギナーが家で弾いている分には必要にして十分なサウンドです。

フレットは、フェンダー製よりも高さがあり、私には引きやすいです。

生活が楽ではなかったにも関わらず、親が買ってくれたギターですので、一生大事にしたいと思います。

[Ibanez 540S]

昔はイバニーズと呼んでましたが、いつのまにかアイバニーズになっているようです。

古い人は今でもイバニーズと呼んでいるのではないでしょうかね。

Greco_012s_2 Greco_005s_2          

90年製。

当時11万円のギターですが、中古で安く買いました。

18年前のギターですが、状態が良いので古さは感じません。

奇麗というよりもヘビーな音ですので、ハードロック向けかも知れません。

ピックアップはグレコに比べて、明らかにパワフルです。フロントとセンターはシングルコイルですが、ノイズ対策はしっかりされているようです。

このSシリーズ最大の特徴は、薄いボディーにあります。

Greco_013s 薄いという事は、軽いという事。

軽いのは楽でいいですねぇ。レスポールなんて重たくて、長時間持っているのはきついのではないでしょうか。

アイバニーズの特徴ですが、ネックも薄く作られており、好みの分かれるところとなっておりますが、指の短い私には合っているのかもしれません。

指板はグレコと比べますとRが少なく平坦です。フレットが高いので速弾きに向いてそうです。

[BOSS ME-6]

マルチエフェクトボードです。

Greco_021s 25種類のサウンドがセットされてますので、曲により、又は気分により色々な音で楽しめます。

もちろん自分で音を作ることも出来ますが、いまやおっさんの私には面倒な話です。

[マーシャル MS-2]

Greco_023s

高さ15センチにも満たない出力1wのチビアンプ。

チビでもマーシャルはマーシャル。音はいいですよ。

最強の近所迷惑防止対策です。

この機材で、こんなのを弾いたりします。インストだけを挙げておきますが、速弾きの部分は指癖もありますので完コピはあきらめて、それなりに聞こえるようにしてます。

それにしましても、年代が分かりますね。古い曲ばかりです。

http://jp.youtube.com/watch?v=lVbL2sc4gdk

レインボウ Maybe Next Time

http://jp.youtube.com/watch?v=hqAnFfphNbw&feature=related

ヨーロッパ Aphasia

http://jp.youtube.com/watch?v=D3-TgDjcBL0&feature=related

ゲイリー・ムーア The Loner

練習中の曲でマイケルシェンカーのBIJOU PLEASURETTE。速いうえに2つのパートが重なっているのでなかなか覚えられません。

http://jp.youtube.com/watch?v=yEVUKas4HEY

それと、風の谷のナウシカのナウシカレクイエムを弾けるようになりたくて「スタジオジブリ作品集」なるスコアを先月買ったのですが、まだ何もしてません。

http://jp.youtube.com/watch?v=JWC2myKOCWU

ナウシカレクイエム

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ペンタと反省~の巻

1月27日の日曜日。

仕事が早く終わり、外は快晴。富士山は見えてるし、これは富士山をバックにした横浜みなと未来の夜景を撮るにはもってこいだぜこんにゃろ~!とばかり、喜び勇んで大黒埠頭のベイブリッジ下へ一目散。

午後五時半に到着し、カメラと三脚を小脇に抱え、いざ埠頭の公園へ。

空はいい感じで暗くなってきました。

現場に到着し、海の対岸に見えるランドマークタワーを見て唖然・・・

富士山が、、、ちょうどランドマークタワーの真後ろに位置し、見えやしない。。。

なんて上手な街づくりをしてくれてるんでい、横浜市は~(TーT)

仕方ない。富士山は諦めて、せっせと三脚をセットして、、、唖然・・・

三脚が低くて、海沿いに設置された公園の立派な手すりが邪魔~

今度お金貯めて160cm以上まで伸びる三脚買おう。

何とか工夫して撮った写真がこれです。

まごまごしているうちに、すっかり夕焼けが暗くなってしまいました。

021_2

良く見ると、ランドマークタワーの後ろに伸びている斜めのラインがお分かりかと思います。後ろにすっぽり隠れた富士さんです。

なんとも残念な事にピントがどこに合ってるのやら分らない写真となってしまいました。

そして、若干ぶれているかもしれません。

望遠を使用しての夜景は難しいですね。三脚もがっちりした頑丈なものでなければ使用に堪えないようです。

037 この手すりが、三脚よりも高かったのです。

安全上、仕方のない事ですね。

047

下から望むベイブリッジ。

近景でしたら失敗は少ないようです。

橋の下には、展望スペースまで歩道が設けられています。

有料。

柱に挟まれた円形の構造物が展望スペースです。

ここからでしたらランドマークタワーに富士山が隠れる事はないのでしょうか?

ペンタックスK10Dによる初夜景撮影は、反省反省また反省。

フィルム時代と違い、今では大いに失敗出来ますので、今後も機会があれば夜景に挑戦したいと思います。

その際には、冬は寒さ対策を忘れずに、夏は蚊の対策が必要でしょうか。

先日は寒かったですよ~。体の芯から冷えてしまいました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

PENTAX K10D

安いパソコンを見つけ、予算が余ったせいでデジタル1眼レフをついでに買ってしまいました。

フィルムの1眼レフは持っているのですが、現像代が馬鹿になりませんし、フィルムスキャナーが故障で処分しましたので、ほとんど使う事が無くなってしまいました。

ですから持っていてもしょうがありませんし、これを機に売りに出しました。

今のデジカメはボタンだらけで、説明書も携帯電話と同じで分厚く、カメラというよりもパソコンの入力機器って感じですね。

せっかくの1眼レフですので、SDカードはカメラ誌で相性が良いと評価されていたクラス6の書き込み速度を持つ、SanDisk ExtremeⅢの1GBを買いました。

で、買ったは良いのですが、1か月以上説明書さえ読む時間が有りませんでした。

が、やっと先日撮影の機会が訪れました。

写し初めは富士山と心に決めておりました。縁起もんですから。

さっそうとカメラ(と説明書)を車に乗せて、いざ富士5湖制覇の旅へ!

富士山以外にも色々撮ってますので、たまに1枚づつでもUpしていこうかと思います。

それにしましても、半日で200枚近く撮ってしまいます。

家に帰って編集して100枚ほどに減るのですけど。

フィルムカメラでは考えられなかった事ですが、自分もこんなに写真を撮るのが好きだったのかと、再発見した次第で。

最初は分厚い説明書を読むのが億劫でしたが、使い始めれば早いもので、今ではカメラの機能はほぼ把握しましたので、今後もK10Dにはがっつりと活躍してもらいます。

撮影に行きますと、カメラ小僧ならぬ、「カメラじじばば」の多さに驚きました。

行く先々でこんな光景です。

Imgp0031_2

団塊世代が定年後の趣味として、1眼レフで写真撮影をする方が増えているそうです。

カメラを見れば、どの方も何十万もするカメラに大口径の立派なレンズを奢ってらっしゃる。

いいなぁ、お金あるのねぇ。

でも、今にたどり着くまで、多くの事を我慢して、多くの苦労を乗り越えてこられた事でしょうから、老後の趣味にささやかな贅沢をしても良いのかもしれませんね。

ただ、、、どうみてもおばあちゃんには使いこなせない代物かと思うのですが、ショップの店員さんの勧めでしょうか?

私も写真は老後の趣味で良かったのかな・・・

私は生き急いでいるのか?

Saiko0120_2西湖にて)

| | コメント (4) | トラックバック (0)