インフルエンザ

夏以降も散発拡散?

昨日5月22日毎日新聞朝刊に、新型インフルエンザの特集記事が載ってました。

米疾病対応センター(CDC)のインフルエンザ部副部長の会見で、「新型への感染が各地で散発的に起きる状態が「夏を越えて続く」との見通しを示したとあります。

日本の医療センターも、「新型は殆どの人が免疫力が無い。感染力が季節性より強く、国内でも夏になっても感染が終わる事はないだろう」と、同じ見解を示しているようです。

もう一つ意外な事が書かれています。

「日本での季節性インフルエンザは、12月から4月頃までが流行期間とされ、その後は収束する。ウイルスが低温で乾燥した環境の中で活発に働くためと考えられているが、明確な理由はいまだに分かっていない」

 湿度と高温に弱いから春以降は終息するのかと思っていましたが、明確な理由は分かっていないとの事。

もう一つ、こんな記事が書かれています。

「57年以前生まれに免疫」

スペイン風邪型の免疫が今回の風邪に有効の可能性が指摘されています。

 もろもろ纏めて考えてみますと・・・

新型インフルエンザは、研究室で生まれた可能性が問題視されておりますが、このウイルスは、スペイン風邪のウイルスを品種改良して作られたのではないでしょうか。

そして、スペイン風邪のウイルスも、遺伝子に時限装置を組み込まれ人為的に作られた、当時としては最新のウイルス兵器であったのかもしれません。

そうであるのでしたら、一度感していれば免疫が有効になるのでしょうね。

しかし、今日の新聞を見ますと、週刊文春の広告に、こんな見出しが有りました。

”弱毒性なのになぜ” 国会にマスク14万2千枚、参院議員に「対策キット」

だそうです。

文春を買って読まなければ詳しい内容は分かりませんが、自分達だけ助かろうとする人がどうなるのか、確かひふみ神示に書いてましたね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

川崎でも。また高校生だに。

ついに首都圏で新型インフルエンザが見つかったと、今朝テレビを点けたら騒いでました。

こんなに暖かいのに。

今週末に帰るのですが、仕事に差し支える様なめんどくせ~事にならなきゃいいなと思います。

仕事でマスク使いますしねぇ。迷惑な話です。

今日は暖かな朝なのですが、やけに鳥たちが賑やかです。

気温も上がり、活気に満ちてきたのでしょうか。

家の通気口内に雀が巣を作り雛が孵っていたのですが、今朝、カラスに雛を獲られてしまいました。

厳しい世界ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスク品切れ

昨日ですが、ドラッグストアのマスク売場を覗いてみました。

品切れでした。

どこのお店も品切れでした。

ガーゼのマスクは少し残ってました。

ずいぶん前から「新型インフルエンザは必ず発生するから」とアピールしてタミフルばかり買い占めて、予防の方が肝心なの、なぜマスクをいざという時の為にストックし国民に支給する手配をしていないのか。

変異ウイルスにも効果があるとは限らないタミフル。

一方、マスクは効果にウイルスの別はありません。

マスク製造会社の生産が上がって、売り上げが伸びて、株主はうはうはでしょうか。

いつ株を売って利益を出すか、今頃真剣に考えている事でしょう。

不幸な事態のお陰で喜べる神経も分かりませんが、そんな仕組みの世の中がおかしいですよね。

 大きな病気をした後で、現時点でマスクを必要としている人達に、マスクが行き渡らなくなったら大変です。

今慌てなくても、梅雨から夏の間はインフルエンザも無くなるでしょうから、その時に秋に向けて準備をしておけば良いと思います。

花粉症が終わっても、マスクが手放せないご時世になってしまいましたね。

マスクをしていても、目からも感染しますので、油断は出来ないのですが、誰もゴーグルには関心持ちませんね。

なにはともあれ、今本当に必要な方には、確実にマスクが手に入る様に気を使ってほしいものです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大阪と神戸ばかり

急に増えてきましたね。

どうして大阪と神戸ばかりに集中しているのでしょう。

橋下知事が出過ぎた事をしているので「関西からいったれ」とターゲットにされた?と思うのはうがった見方でしょうか。

東京神奈川など首都圏も時間の問題でしょうか。困りますねぇ。。。

北海道は乾燥してますし、気温が低めですので今の時期でも、発生すればかなりの速度で拡大しそうです。

体を冷やさないようにしましょう。

====================

http://news.nifty.com/cs/topics/detail/090517142844/1.htm

新型インフル感染、国内すでに1千人規模か…感染研センター長

2009年5月17日(日)21時47分配信 読売新聞

 【ジュネーブ=金子亨、高田真之】国立感染症研究所の田代真人インフルエンザウイルス研究センター長は17日、滞在先のジュネーブで記者団に対し、日本国内で新型インフルエンザの感染が確認されたことについて、「(感染者数は)すでに1000人レベルを超えた可能性がある」と述べた。

 田代氏は、新型インフルエンザの警戒レベル引き上げの是非を世界保健機関(WHO)事務局長に提言する緊急委員会の委員。感染は北米地域で広く確認されており、レベルを現行の「フェーズ5」から世界的大流行(パンデミック)を意味する「6」に引き上げるには、北米以外で感染が継続していることが要件になる。

 田代氏は「(今後の日本の状況が)フェーズ6に引き上げる判断材料になる可能性があり、WHOは注視している」と指摘した。

http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/yomiuri-20090517-00481/1.htm

新型インフル国内感染59人に…成田検疫4人を含め

2009年5月17日(日)22時26分配信 読売新聞

 兵庫県は17日午後10時、新たに10人の新型インフルエンザの感染が確認されたと発表した。

 また、大阪市は同日夜、新たに3人の感染を確認したことを明らかにした。

 これで、水際の検疫を除く国内感染者は55人。

 成田空港での検疫で判明した4人も含めると59人となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どして感染したのかな?

米疾病対策センターの医師が15日の記者会見で、あえて推計するなら、国内の感染者は十万人以上になると見解を示したそうですが、感染が確認されているのは4174人だそうで、他の感染者はどうしているのでしょうね。

探し出して拡大を阻止するべきだと思うのですが、米政府はどうしているのでしょう。

日本では神戸で、渡航歴の無い高校生の感染が確認されたそうで、地域のイベントなど延期や中止の措置がとられることになりました。

うーん、人から人へという事でしょうか。

感染したのなら、どこで感染したのでしょう。新型インフルエンザをうつした人はどうしているのでしょう。

何故、その人は感染を確認されなかったのでしょう。

症状が軽くて病院に行かなかったのでしょうか。

では、その人はどこで感染したのでしょう。外国に行って感染したのでしょうか。

そうだとしますと、あれだけ大げさに行っている水際作戦は、失敗した事になります。

神戸の感染確認は、とても唐突な印象を受けるのですが、まさか、まさか、誰かがウイルスばら撒き作戦をしているのではないでしょうね。

研究室で生まれた不自然なウイルスを。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

新型ウイルス君は人為的ミスで生まれたのでしょうか?

私も今朝のニュースを見て知ったのですが、オーストラリア人で元WHO研究者であるエイドリアン・ギブス氏の説が注目されているようです。

既にこちらのブログに紹介されてますので参考にさせていただきました。

風を感じて暮らす~

ギブス氏によりますと、新型インフルエンザには自然界に存在しない遺伝子が2つ含まれているそうです。

原因として、ウイルス研究やワクチン製造の為に取り出されているうちにウイルス同士の接触など、偶然出来た可能性があるとの事です。

つまり、研究者の作業ミスだそうなのですが、事実だとしますと、パンデミックになった際の責任追及が発生する事でしょうね。

 しかし・・・

ミスだとしても、なぜそのウイルスが外に漏れたのでしょう。それも世界に広がるほどの量です。

これもミスでしょうか。

そして、なぜメキシコだったのでしょう。

 今は1918年当時と違い遺伝子分野が発達してますので、人為的に作られた物か自然界の物かはすぐに分かってしまいます。

そしてインターネットなど、情報伝達の速度も規模も昔とは違いますので、裏の情報がリークしますとたちどころに世界中に広がり、隠し通せるものではなくなっております。

それらを考えますと、新型インフルエンザが裏の支配者層による人類削減計画による産物である事を隠す為に、わざとギブス氏に発言させた可能性も考慮した上で、成り行きを見るべきだと思います。

少なくとも、ここで1つはっきりした事は、新型インフルエンザウイルスは研究室が故郷であると言う事ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型インフルエンザ 漢方薬に期待

変異した新型インフルエンザにはどうか分かりませんが、タミフルよりも効果のある漢方薬が有るとの記事です。

週刊朝日の記事だそうですが、人類の命にかかわる問題ですので、コピペして載せる事にします。著作権どうのこうの言ってる場合ですもんね。

3世紀の中国で生まれた「秘伝書」に書かれていた処方だそうです。

==================

http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20090513-02/1.htm
「新型インフルエンザは漢方で治る」説が浮上
(週刊朝日 2009年05月22日号掲載) 2009年5月13日(水)配信

「まあ、この表を見てください」

 横浜市立大医学部非常勤講師(漢方医学)の森由雄医師が示した臨床結果は、漢方の力を示していた。

 表は2007年11月から08年3月まで、森医師が診察したインフルエンザ患者のうち、「タミフル」で治療した13人と、「麻黄湯(まおうとう)」と呼ばれる漢方薬を与えた11人を比較したもの。高熱で来院した患者が36・9度以下の体温になるまでの時間を計測したところ、タミフルが平均25・38時間に対し、麻黄湯は14・09時間だった。

「これまでも大青竜湯(だいせいりゅうとう)などがタミフルと同等の効果があることが分かっていましたが、タミフルよりも効果がある漢方薬があることが分かったのです」

 森医師の治療例を見てみよう。

【5歳の女児】 発熱の翌日に受診。38・5度の熱とせき、寒気があり、A型インフルエンザ陽性だった。麻黄湯を服用すると午後に多量の尿が出て、翌朝解熱した。

【10歳の男児】 38度の発熱の翌日に受診。A型インフルエンザ陽性で、麻黄湯を服用すると夜中に発汗、翌朝解熱した。

 ポイントは麻黄湯の服用量だ。通常、大人ならエキス剤1服(2・5グラム)を1日3回飲むところを、最初は2時間ごとに1服を3回飲み、以降は3時間ごとにして、解熱するまで続けた。結果、1日で通常の倍以上を与えた。

「通常の服用量では効果がないのであきらめていたところ、服用回数を増やしてみたら効いたのです」

 増量は副作用を起こすおそれがあることから、森医師は患者の同意を得たうえで、細かな経過観察をした。患者には自宅で2~3時間おきに体温を測ってもらい、電話で病状を聞きながら服薬指導をしたという。

 そして、この頻回投与療法を思い立ったきっかけが、『傷寒論』と呼ばれる中国医学の古典だった。

「すべては今から1800年前に、すでに書かれていたことなのです」

『傷寒論』とは、紀元3世紀前半、後漢末期に中国の地方長官だった張仲景が、当時流行した熱病に対する治療法をまとめた医学書とされる。この熱病で自らも親族の3分の2を失ったことから、書き起こしたと伝えられる。

 まだウイルスも免疫も解明されていない時代の経験に基づく治療法だが、極めて実用的で効果があった。その後、原本は失われたがいくつかの写本をもとに復元され、日本へも伝わった。しかし、西洋医学が導入されるなかで、忘れられかけた存在となっていた。

 それが近年、「SARS」などの新型ウイルスの流行で、日本や中国、韓国で、見直す医師が相次いだ。異常行動の危険性が指摘されているタミフルに代わる治療法としても注目を集める。そして、新型インフルエンザについても有効性が期待されているのだ。

癌研有明病院で漢方サポート外来を担当する星野惠津夫・消化器内科部長によると、『傷寒論』に基づくインフルエンザ治療は以下のようなものという。

 まず、服用量を通常の2~3倍にする。

「急性疾患に対する場合と慢性疾患とでは、漢方でも治療法が異なります」

 そのうえで、38度以上の高熱があって汗をかいていない場合はまず「麻黄湯」を投与する。強い発汗作用のある漢方薬で、体の免疫力を高め、ウイルスを撃退する。麻黄湯で効果がなければ、「大青竜湯」を試みる。すでに発汗している場合は、「桂枝湯(けいしとう)」を加えた「桂枝麻黄各半湯」を投与する。

 タミフルがウイルスの増殖を直接阻害する薬なのに対し、漢方薬は人間が本来持つ免疫力を高めてウイルスを排除する点が根本的に異なる。このため、ウイルスがたとえタミフルに耐性を持ったとしても効果は続く。

「タミフル自体、『八角』と呼ばれる生薬の成分を抽出合成し、原料としてつくられたものなんです」

 と星野部長は指摘する。

 ただ繰り返すが、服用量を増やすことで、飲み続けると、動悸やショック状態がみられることもある。森医師は言う。

「発汗し解熱しているのにさらに服用を続けると、逆に体に悪いのです」

 星野部長も注意する。

「きちんとした専門医にかかってほしい。個人で勝手に服用するのは大変危険です」

 一方、漢方なら、体の免疫力そのものを高めてウイルスに感染しにくい体をつくることも可能だという。

今回の新型ウイルスは強い感染力が特徴だが、それでも発病する人としない人がいる。感染しても発病しない人は「免疫力が高い」と言われているが、ではどうすれば免疫力を高められるのか。

「皮膚や粘膜を丈夫にすること、そして体を冷やさないことです」

 そう答えるのは、日本薬科大学の丁宗鐵教授(統合医療学)である。

 外のウイルスがまず体にくっつくのは、のどや鼻の粘膜や皮膚だ。花粉症で鼻の粘膜が弱り、喫煙でのどの粘膜が傷んでいるとウイルスが増殖しやすくなる。

「日頃から蒸気を吸ったり、マスクをしたりして乾燥を防ぐことが大切です。体温を下げないように、寝ている間も帽子をかぶるなど服装に注意し、冷たい飲み物を控え、お風呂でよく温まりましょう」

 そして何より、十分に寝てきちんと食べる、規則正しい生活が大切だという。

「漢方で言う『養生』をしっかりしておくことが一番の予防になるのです」

 新型ウイルスの感染で心配されるのが、「サイトカイン・ストーム」と呼ばれる現象だ。未知のウイルスに体の免疫が過剰反応をしてしまい、致死的な循環障害や多臓器不全を引き起こす。元気な若い人ほど現れやすい。

「小柴胡湯に配合されている『柴胡』という生薬には、このサイトカイン・ストームを抑える作用があります。タミフルと一緒に処方するのも一つの方法です」

 と、丁教授は言う。

 むろん、新型インフルエンザに漢方薬が効くという臨床例はまだない。しかし、新型は従来のインフルエンザと症状が似ているとされることから、

「漢方でも十分対処できると思います」

 と森医師は自信を示す。

 万が一、新型ウイルスが強毒性に変異して「パンデミック(世界的大流行)」が起きたら、病院は重症患者であふれ、タミフルは底をつくだろう。自分の身は自分で守る以外にない。そのとき、東洋医学の知恵が力を発揮するかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

警戒水準 「5」へ

27日にフェーズ4になったばかりですが、29日夜にフェーズ5へ引き上げられました。

現在は弱毒性ですが、米国でも症状の重い患者が出始めたのが理由の1つだそうです。

本来でしたら今からでも国境封鎖をすれば、感染が確認されていない国への拡大をある程度阻止できると思うのですが、WHOは「予測がつかない」と、規制をしない方針の様です。

不可解ですねぇ。まだパンデミックではないのに。

そのうえ、水際作戦は効果が無いと言ってます。

インフルエンザは普通の風邪と違い、いきなり発熱し体調を崩しますので、本当に発病するまで本人も感染が分からないのですが、検査で陰性か陽性かをチェックするだけでも違うのではないでしょうか。

なぜメキシコだけ高い確率で死者が出るのかなど、メディアでも疑問が掲載され始め、栄養不足、水不足、医療体制の不備、本当は症状が軽く病院へ行かなかった患者が何倍もいたのではないか、など幾つかの要因が考えられたいるようですが、まさか有色人種だけに強い反応を示すウィルスなんて事はないでしょうね。

アメリカで初の犠牲者が出たようですが、亡くなったのはメキシコ人の赤ちゃんだそうです。

今後毒性の強いウィルスが出始めるとしますと、その時が運命の分かれ道になりそうです。

WHOの対応を見てますと拡大する一方になりそうですし、弱毒性のままで流行が納まる期待は持てないかもしれませんね。

水資源や食糧事情を考えても、自然の摂理から考えても、地球上に68億人~70億人は多すぎるとの考え方も有るようですが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型インフルエンザ防策  レスキューナウ@niftyより

「個人で行う新型インフルエンザ防策とは」

http://rescuenow.nifty.com/cs/column/detail/081225000802/1.htm

参考にして下さい。

ウィルスは20度以上の気温と50%以上の湿度に弱いので、日本の場合ですと梅雨から夏の間は危険が少ないのでしょうか。

細菌兵器でなければですが。

目からも感染するそうですので、厳密にはゴーグルも必要になりますが、テレビのニュースを見ていますと、メキシコでもそこまではしてませんね。

只今窓を開けて換気中の我が家の温度は23度。湿度は30%。

いけませんね。乾燥してます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚から鳥インフルウイルス?

報道によりますと、豚インフルエンザの疑いが2月に確認されていたようだが、メキシコ政府が2か月報告せずに放置していたとか、疑わしき養豚場が以前から指摘されていたと今になって出てきているようですが、こんなのは後付けの情報操作の可能性があります。

今回の新型インフルエンザ発生拡大が人類削減を狙ったある者により企てられた細菌テロ的な性質のものだとしますと、「豚から鳥インフルエンザウィルス」も、バンデミック発生時に「新型インフルエンザが毒性の強いウィルスに変異した」と公表する為の種まきかもしれません。

ウィルスは絶えず変異するものだそうです。

そうなりますと、どのタイミングで今のA型から毒性の強い特異なウィルスに切り替えられるのかが問題になりますが、考えすぎである事を祈りたいですね。

なお、かつてのスペイン風邪ですが、最近の研究によりますと、H1N1亜型であり鳥インフルエンザウィルスの突然変異であった可能性が高い事が分かってきたそうですが、そうだとしても人為的な変異も考えられますね。

歴史は繰り返すと言いますので、同じ事が90年を経て繰り返されるのでしょうか。

どうも、最近になって鳥インフルエンザだの新型だのと騒ぎだし、タミフルを備蓄した動きなども不自然に感じています。

世界同時不況も合わせて、今回の豚インフルエンザが都合の良いタイミングに発生した感があります。

全てが最初から予定されていた計画的なものなのではないでしょうかねぇ。

せめて5年10年経ってからの発生ですと疑わないのですが。。。

まあ、人為的であれ自然発生であれ、予防策をしっかりして、大難が来たとしても小難に出来るようにしておきましょう。

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/yomiuri-20090429-00073/1.htm
豚から鳥インフルウイルス、体内で「新型」に変化か

2009年4月29日(水)3時5分配信 読売新聞

 インドネシアの豚が高い確率で、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)を持っていることが、神戸大感染症センターの調査でわかった。

 H5N1型は、アジアを中心に鳥から人への感染例が相次ぎ、250人以上が死亡しているウイルス。豚の体内で変化し、人から人へ感染する能力を獲得すると、今回の豚インフルエンザを上回る大きな被害を人類に及ぼす危険がある。

 同大は、インドネシアの4州で402頭の豚を調査。1割を超える52頭の豚からH5N1型を検出した。

 豚は、鳥と人のウイルスにも感染するのが特徴。世界保健機関(WHO)は、H5N1型が豚の体内で変化するパターンを、人から人へ大流行する新型インフルエンザ出現の有力な筋書きとして警戒している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)