« マスク品切れ | トップページ | 夜明けの巻より2 »

夜明(四あ)けの巻より1

読んでおりますと、昭和20年の終戦間近、国民に「もう少しで良い世になるから頑張れー」と、真理の説明の中に、巧みに励ましをブレンドして届けられているように思えます。

夜明けはもう直ぐです。

===================

今までは悪い世でしたから、己を殺して他人を助ける事は、この上も無い天の一番の教えとしていましたが、それは悪の天の教えですよ。

己を活かし他人(ひと)も活かすのが天の道です。

神の御心です。

他人を殺して己が助かるのも悪です。己を殺して他人を助けるのも悪です。

神人ともにと言っているのです。

神は人に依って神になり、人は神によって人になるのですよ。 (第1帖より)

 神示の中で最も好きな部分の1つです。

いつのことでしたか、駅のホームで線路に落ちた女性を救い、命を落とした韓国のお若い学生さんがいましたね。

素晴らしい方です。死んではいけなかった・・・

ご本人は死ぬつもりはなかったのだと思いますが、痛ましい結果になってしまいました。

 この神示が出された当時、若い命が無駄に失われる神風特攻隊のニュースを、天明氏は心を痛めながらラジオで聞いていた事でしょう。

神様は、その心に感応してこの神示を降ろしたのかもしれません。

宗教でも、自己犠牲、自分の命よりも相手の事を大切に思う心が真実の愛などを尊びますが、自分も他の人も等しく神に生かされている存在である事を忘れてはいけませんね。

今日は、霜にやられた分のトマトの苗を父が買ってきたので、植えるのを手伝っていたら時間が無くなりましたので、この神示一つだけとします。

 人は誰でも、神様のキを心に受け取り行い、その行いによって神様が喜ぶ、そんな関係となっていなければ光の世にはなりませんね。

|

« マスク品切れ | トップページ | 夜明けの巻より2 »

ひふみ神示」カテゴリの記事

コメント

とっちさん
S・Kです。いつもご苦労様です。
とっちさんのサイトは賑やかで良いですね。
これも「会(カイ)の御用」かと思ってます。
皆さんが集まって、コメントを出し合うのが嬉しくもあり、楽しいことかと自分は勝手に思い混んでます。
以前にどこかで書き込んだのですが、特攻隊のことが書いてあったので、コメントします。
4年前に亡くなった父は、二十歳前に海軍で特攻に志願したそうですが、何かの間違いで、病人と勘違いされて行けなかったそうです。
(行っていたら私は生まれてないのですけどね。)
当時、父の代わりに、多分病気だった人が特攻で亡くなっていると思うと本当に感謝しております。
鹿児島の知覧に特攻隊の記念館が有りますが、
息子の野球の対外試合のお陰で、2年続けて、5月の連休に、記念館に行くことが出来ました。
やはり、自分の事に置き換えると、涙が出ますが、私たちの替わりに命を投げ出して下さってありがとうございますと感謝の気持ちで一杯です。
ただ、良く神示にも書いてありましたが、「裏の裏を読め」という事なので、裏を返すと、何故、特攻をしなければならなかったのかな?とも思います。上の命令とはいえ、相手が傷つくことを何故考えなかったのかな?とも思ってます。戦争が悪いのですが、相手を殺して良いわけは無いと思うのです。ロボットでも作って自動操縦で特攻させれば良かったのに。と考えます。戦争は、ロボットにさせて、お互いに傷つかない様にするのが自然かと思います。
誰かにさせられているのが明らかですね。
我々人類は、本質は悪い人はいないと思うのですがいかがでしょう?
これもお役でしょうか?
では、また、勝手なコメント申し訳ありません。

投稿: oujalittle(S・K) | 2009年5月20日 (水) 14時28分

たとえロボットでも争うと言うことに対しては人間の想念があるのですから、その考えも悪だと思います。

作る時に、そう言うプログラムを組んでインプットすればそうなるのだから、作る方の考え次第ですよね?
大学ではそう言う事を教えないのですか!?

投稿: 澪 | 2009年5月20日 (水) 14時43分

SKさん、こちらもありがとうございます。
澪さん、こんにちは。

神示にも書いてますが、人類は皆神の子光の子ですね。
人類は身魂が曇ってしまった故、過ちの歴史を多々歩んでいるのですが、悪い事、誤っている事に気がつけば、その歴史から学んで正しい事を探せば良いのですよね。
 それが、先人の尊い犠牲を無駄にしない生き方ではないでしょうか。

疑問を持つことは、それ自体が答える事に値します。
答は問いの中にある、ですね。

自身の深奥から湧き出るマコトが、答えを知っている事と思います。
本来、人類は知っているのに、盲目故思い出せないだけなのだと、私は思っています。
ですから、今回まずは改心第一をテーマに神示を紹介しているのですが、私のブログは正味数名しか見て下さっていないようです。

更新が不規則な上、宣伝が苦手なものでして。。。

目標7名にしておきましょうか。

そんな訳でして、ちと寂しいかなと最近思ってますので、お忙しい事と思いますが、どんなご意見でも良いので、今後もコメントお願い致します。

「寂しくなったら訪ねてまいれ」という事で、私も少しずつ皆様のブログにお邪魔してコメントしていこうかなと考えてます。

投稿: とっち | 2009年5月20日 (水) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜明(四あ)けの巻より1:

« マスク品切れ | トップページ | 夜明けの巻より2 »