« 八菅神社 | トップページ | 天つ巻より »

臣民の本当のあるべき姿とは (富士の巻より)

昨日は上つ巻と下つ巻から多く取り上げましたので、今日は富士の巻からテーマを絞って抜粋する形で出させて頂きます。

成田で国内初の新型インフルエンザ感染者が検査で分かったそうですが、渡航の禁止をしないのですから、この様なケースは当然起こりえますよね。

経済優先故に飛行機の運航を止める訳にはいかないという事なのでしょうけど、そろそろ現場の検査員も疲れてきたり慣れてきたりで手抜きが出てくるかもしれませんね。

しかし、今の時期に日本で感染が広がる事は無いと思います。

1日10万人死にだす事があるとしますと、新型インフルエンザなどの流行病の可能性が高いと、昨日はそう書きましたが、でも1日10万人という規模は大きすぎますので、もっと未知の現象によるものかも・・・などと考えておりますが、その時が来れば分かるでしょうから、何事にも細心の注意をしている事が肝心ですね。

今後は人類がどんな大事に出くわすのか分かりませんが、その前に、身魂の掃除洗濯改心しておく事第一としまして、富士の巻から取り上げたいと思います。

=================

・富士の巻 9帖
この世は人間にまかせているのだから、人間次第です。
しかし、今の臣民の様な腐った臣民ではありませんよ、いつも神かかっている臣民です。
神かかりとすぐ分かる神かかりではなく、腹の底にシックリと神鎮っている臣民です。
それが臣民のまことの姿です。

神示に書かれている事ですが、神かかりと思っている人のほとんどは勘違いしている霊懸りですから、サニワは大事ですね。

まことにある人は、一見ごく普通なちょっとした変わり者でしょうから、磨けた方同士でしたら見分けがつくでしょうね。

・富士の巻 12帖
いよいよとなったら神が臣民にうつって手柄させる予定ですが、今では軽石の様な臣民ばかりで神かかれませんよ。
早く神の言う事を、よく聞いて生まれ赤子の心になって神の入れ物になって下さい。
1人改心すれば千人助かるのですよ。

お釈迦様も同じような事を言ってますね。解脱すればご先祖様など縁者も皆救われると。

少々ニュアンスは違うと思いますが、人間だれしも縦横に深い御縁でつながって今の自分が存在してますので、改心するという事は、それだけ多くの深い所まで影響が伝わるのだと思います。

改心を志すのは、自分だけの事ではないという事になりますね。住まわせて頂いている地球の未来にも関わる事ですから、宇宙規模、さらに3千世界規模での影響が有る事を、胸に留めておくのが良いかと思います。

でも、現時点ではどうなのでしょうね。。。

・富士の巻 13帖
掃除しなさい洗濯しなさいと言えば臣民何も分からないので、慌てていますが、この神示を読む事が洗濯や掃除の初めであり終わりなのです。
よくこの神示を読んで下さいね。
しかし、臣民は馬鹿正直ですから、その様に言えば神示ばかり読んでいれば良い様に思っていますが、裏も表もあるのです。
役員はよく知らせてあげて下さい。

この世は何事も表が有れば裏もあるのが道理ですが、人間を構成している霊と体は裏表のようなものと言っている所もありあす。

それよりも、神示にはてんし様サイドだけではなく、同様に悪魔サイドが務める御用も書かれているので、その辺も取り違えない様にしなければなりませんね。

また色々な意味があると思いますし、一面だけを読むのではなく、深い見極めが大事という事で、下に幾つか裏表で取り上げましたので、参考にして下さればと思います。

 表面面だけを読むな。裏の裏まで読め。

 この世は、表の裏は裏、裏の裏がある。

 一二三(ひふみ)の裏の御用する身魂も今に引き寄せるから、その覚悟せよ。

 神はせよと申すことするなと申すこともあるのぞ、裏の裏とはその事ぞ、雨の巻 第01帖

 二二の盗み合ひ、世の乱れ。心して怪しと思ふことは、たとへ神の言葉と申しても一応は考へよ。神の言葉でも裏表の見境なく唯に信じてはならん。サニワせよ。薬、毒となることあると申してあらうが。馬鹿正直、まことの道 見失ふことあると申してあらうが。道は易し、楽し。楽しないのは道ではないぞ、奉仕ではないぞ。世界に呼びかける前に日本に呼びかけよ。目醒まさねばならんのぢゃ。それが順序と申すもの。神示で知らしてあらうが。ここは種つくるところ、種は人民でつくれんぞ。神の申すやう、神の息 戴いて下されよ。天の道、地の道、天地の道あるぞ。人の道あるぞ。何も彼も道あるぞ。道に外れたもの外道ぢゃぞ。前は一筋ぞ。二筋ぞ。三筋ぞ。曲ってゐるぞ。真直ぐであるぞ。心得なされ。節分から(オーヒツキオーカミ)と現れるぞ。讃えまつれ。黄金の巻 第029帖

 裏の仕組に入れると表の仕組となり、表の仕組に入れると裏の御役となるなり。抜けば悪のやり方となるのぢゃ。どの仕組も判りて居らんと、三千世界の先々まで判りて居らんと、何事も成就せんぞ。黄金の巻 第085帖

 がよろこびであるぞ。もよろこびであるぞ。よろこびにも三つあるぞ。は表、は裏、表裏合せてぞ。は神であるぞ。春の巻 第04帖

人間の目は一方しか見えん。表なら表、右なら右しか見えん。表には必ず裏があり、左があるから右があるのぢゃ。月光の巻 第55帖

 フトマニとは大宇宙の法則であり秩序であるぞ、神示では012345678910と示し、その裏に109876543210があるぞ、九十(マコト)の誠であるぞ、合せて二十二、富士(普字、不二)(フジ)であるぞ。神示の始めに示してあろう。二二(富士)は晴れたり日本晴れぞ。至恩の巻 第02帖

・富士の巻 22帖
われがわれがと思っているのは調和(まつりて)いない証拠です。
鼻高となればポキンと折れる道理はよく分かると思います。
この御道は鼻高と取違いが一番邪魔になるのだと言うのは、慢心と取違いは調和(まつり)の邪魔になるからです。

神示を読んでいて1つ疑問に思うのですが、鼻高ポッキンが邪魔になるのでしたら、49注とか役員とか出さなければ良いのに、どうしてわざわざ取り上げるのでしょうね。

どうしても人間ですから、おそらくわしらが役員じゃろうと、意識しないつもりでも心の奥底に慢心が出来る人とかいる事でしょうね。

これは神による選別の手段でしょうか。

だとしますと、面白いですね。

|

« 八菅神社 | トップページ | 天つ巻より »

ひふみ神示」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 臣民の本当のあるべき姿とは (富士の巻より):

« 八菅神社 | トップページ | 天つ巻より »