« 1日に10万 上つ巻25・34帖 | トップページ | この道開く方 上つ巻8帖 »

さびしくなるぞ  上つ巻1、27帖

「さびしさは人のみかは、神は幾万倍ぞ、さびしさ越へて時を待つ」

「ぞ。秋立ちたら淋しくなるぞ、淋しくなりたらたづねてござれ、我(が)を張ってゐると、いつまでも分らずに苦しむばかりぞ。この神示も身魂により何んなにでも、とれるやうに書いておくから、取り違ひせんやうにして呉れ」

前回の新型インフルエンザの話ではありませんが、秋頃になりますと周りから人が減るような事になるのかもしれません。

いつの事を言っているのかは断定できませんが、近い将来ではないでしょうか。

この時、多くの臣民が、世界のあまりの状態に恐れを抱いているか、家族を亡くした、仕事を失ったなどに遭い、途方に暮れているのかもしれません。

この世の無常感に打ちひしがれて、新しい価値観を模索する人もいる事でしょう。

そうなりましたら、神示に関心を持ってください。または、「この方」をお訪ね下さい。

そんな所でしょうか。

この時節、注目すべきは「次の仕組み」ではないでしょうか。

一二三(ひふみ)の世から三四五(みろく)への移行。

三四五となりますと、「この方」「てんし様」も検証しておかなければなりませんが、次回へ。。。

|

« 1日に10万 上つ巻25・34帖 | トップページ | この道開く方 上つ巻8帖 »

ひふみ神示」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さびしくなるぞ  上つ巻1、27帖:

« 1日に10万 上つ巻25・34帖 | トップページ | この道開く方 上つ巻8帖 »