« 雨の巻 第6帖 | トップページ | 雨の巻 第8帖 »

雨の巻 第7帖

疲れと睡魔で、なんとなく作業が大雑把かもしれません。

(第7帖)

 神の心の判った臣民から助ける御用にかかって下さい。

助ける御用とは清めの御用です。天地よく見て悟って下さいよ。

 助けると言っても、肉体的な生命を助けるのではなく、改心を促す御用です。

 それが本当の意味での救いに繋がります。

三四五(みよいづ)の御用は出来上がってしまわなければ、御用している臣民にはさっぱり判らないのですよ。使われているから判らないのですよ。

 自ら調べてしくみの理解が深まるにつれ、自然と自分の意志で御用をつとめる事と思います。

3人集まりゃ文殊の知恵と言いますし、御用は一人でなは無く2人3人で行うのが良いでしょう。

 出来上がってから これは何んとした結構な事であったかとビックリするのですよ。

アメのひつ九のか三とはアメの一二の神ですよ。アメの(つきひ)の神です。元神ですよ。ムの神です、ウの神です、元のままの肉体を持っていなさるる御神様です。

つちのひつ九のおん神様です。つちの(ひつき)の御神様と今度は御一体となりなされて、今度の仕組 を見事成就なされるのですよ。判りましたか。

 てんし様の御用を説明しているようですね。

日月の神と一体となるようです。

九二つちの神 を大切にしなさいとくどく云っているのです。今迄の臣民人民、九二の御先祖の神をおろそかにしているぞと云って知らしてあるでしょう。

 神は千に返ります。九二つちつくること何んなに難儀な事か人民には判らないでしょうが、今度さらつの世にするには人民もその型の型の型位の難儀しなければなりませんよ。

それでよく堪(こば)れない臣民 は沢山にあるのですよ。元の神の思いの何万分の一かの思いをしなければなりませんよ。

 余程の難儀なのでしょう。沢山の臣民が耐えしのげないようです。

今度 世が変ったら、臣民 此の世の神となるのですよ。国の洗濯はまだまだ楽ですが、ミタマの洗濯 中々に難しいのですよ。人民 可哀想だから延ばしに延ばしているのですよ。幾ら言い聞かしても後戻り許りです。言い聞かして改心出来なければ改心する様に致すより もう手がない様になっているのです。

 自発的な改心を願い、神示を書かせて様子を見ながらじっと待っているのですが、改心出来ないようですと強硬手段を取る以外に無くなってしまいます。

それですと可哀想ですので、神は延ばしに延ばしているのですが、そろそろ限界が来ているのかもしれません。

何時どんな事があっても神は知りませんよ。上から下までも誰によらん今迄の様な我儘させませんよ。役員 馬鹿にならなければいけませんよ。大のつく阿呆になって下さい。のつく阿呆にあやまってならないでください。

阿呆でないと今度の誠の御用は困難です。命捨てて命に生きる時と云ってあるでしょう。非常の利巧な臣民人民アフンですよ。今にキリキリ舞するのが目に見へないのですか。何時も変らぬ松心でいて下さい。建替えを致したら世界は一たん寂しくなりますよ。こうして神が物申して居る内に改心しなければなりませんよ。後悔などしていても間に合わないと云っているのです。十一月二十三日、ひつ九のかミ。

 理屈ではなく、感性、センスを駆使して道を歩みましょう。

常識に囚われず、執着を捨てなければキリキリ舞いとなります。

建て替えが行われますと、一旦は地上から人類が消滅した様になりますが、その前に、こうして神からのメッセージが来ているうちに改心しておいて下さい。

その時が迫っています。反省は必要ですが、後悔は不要です。

心を広く大きく、そして松心でいて下さい。

|

« 雨の巻 第6帖 | トップページ | 雨の巻 第8帖 »

ひふみ神示」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様ですと言いたいとこですが、疲れて睡魔と戦いながらでは、いい考察も浮かびますまい。

出来る時にしっかりとして下さい。

投稿: 澪 | 2009年5月30日 (土) 17時09分

澪さん、こんばんは。

浮かびますまい、ですか。

無理は禁物ですね。
おかしな事を書いてましたら、皆様から良いご意見を頂けますと嬉しく思います。
監視の程、宜しくお願い致します。

投稿: とっち | 2009年5月31日 (日) 00時27分

ご遠慮致しますわ。

ケータイでは、あなたの考察と原文の区別がしにくい。
特殊文字も文字化けしてますし…。

投稿: 澪 | 2009年5月31日 (日) 06時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の巻 第7帖:

« 雨の巻 第6帖 | トップページ | 雨の巻 第8帖 »