« 新型インフルエンザ防策  レスキューナウ@niftyより | トップページ | 警戒水準 「5」へ »

上つ巻 第五帖より ”ひむか”

ひむかとは神を迎えることぞ、

ひむかはその使いぞ。

ひむかのお役は人の病を治して神の方へ向けさすお役ぞ。

 ひむかを漢字にしますと「日向」でしょうか。これですとヒュウガですので、「日迎」でもいいですね。

お日様を迎える、神を迎える。迎春など有る様に、こちらの方が目出度い感じです。

この”ひむか”ですが、期待されているお役はとても困難なものの様ですね。御苦労さまといった感じです。

 「人の病」とは何の事でしょう。

これは地上的でこの世的な、いわゆる怪我や肉体の疾病、精神の疾病事ではないと思います。

死んであの世に行けば終わる事ですね。

そうではない、もっと永遠性に関する病ではないでしょうか。

つまり、絶望

これこそが、ここの神示で言われている病ではないでしょうか。

キェルケゴール的に言えば、絶望こそ「死に至る病」となります。

神示的に言いますと、身魂が曇り、盲目となり神を見失い、まことを知らぬ状態。

ソクラテスは言ってます。

無知は罪で有ると。

お釈迦さんも、無明である事自体が罪である。だから解脱しなければいけないと言ってます。

これはまさに、永遠性を有するところの絶望ではないでしょうか。

この状態を神示では「人の病」としているのだと思います。

今のままですと、人類ほとんどは病の中に有る事になりますね。

 そこでひむかのお役は、この病を治す事だと言ってます。

 そんな事出来ますでしょうか。難しいですねぇ。

 治せば当然、自然と神の方に向く事になるのでしょうね。

おっと、神(御日様)に向けさせるお役ですと、やはりひむかは「日向」が相応のようですね。

余談ですが、日向と言えば、今の宮崎県ですか。

東国原知事には頑張っていただきたいものですが、今後どんな活躍をするのでしょうね。

 話は戻りますが、ひむかのお役をなさる方々が現れましたら、敬意を表したいと思います。

とても簡単ではない、大変なお役ですから。。。

|

« 新型インフルエンザ防策  レスキューナウ@niftyより | トップページ | 警戒水準 「5」へ »

ひふみ神示」カテゴリの記事

コメント

ひむかは努力して身魂を磨かれて神懸かった方の事のように思います。

「人の病」は長い間に溜まってしまった身の穢れ、魂の穢れの意味だと思いますが、どうでしょう。

投稿: | 2009年4月29日 (水) 23時01分

良いご意見をありがとうございます。

そうですね。自身に積もった穢れは毎日地道に洗い流していかなければなりませんね。
そして、ご意見アドバイスを頂きながらも、自分自身で答えを見つけなければならないのでしょうね。

ひむかが導き手だとしますと、神懸れた方が理想ですね。
でも、神懸れるよう神示を肝に入れる努力をしている最中の方でも良いと思いますよ。
でなければ、なかなかその様な方は現れないかもしれませんし、いよいよが迫っているとしますと間に合わないかもしれませんね。

ただ、「人の考えで人を導くなよ」と神示には有りますので、注意が必要だとは思いますが。
「盲が盲を手を引いてどこへ行くやら」(by上つ巻第2帖)になっては困りますから。。。

神懸れた人が世に溢れるのが理想ですが、そうなるように、早くミロクの世になる様に毎日願ってます。

投稿: とっち | 2009年4月29日 (水) 23時37分

拝見させていただきました勉強になります。多謝

トッチ様このような情報もございますので目を通しておいていただきたく存じます。
どのような所感を持たれたでしょうか

http://moritagen.blogspot.com/2009/04/blog-post_29.html


>お風呂にお湯をいっぱい張ると気持ちの良いものですが、身の中にも、お風呂にお湯をいっぱい張る様に、神を満たしたいものですね。

読ませていただけるだけでなにやら暖かく爽やかになります。
日々ひふみ神示をうれしうれし読ませていただき掃除、洗濯、精進でございますね!
ありがとうございました


投稿: 田舎 | 2009年5月 4日 (月) 08時16分

田舎さん、コメントありがとうございます。

読んで下さるだけでも有りがたいのに、褒めて下さるととても嬉しいものです^^

ご紹介下さいました「マシュー君のメッセージ」興味深く拝見させて頂きました。

確かに、ここ10年来、悪の仕組みの進行にスムーズさを欠いている印象を私は持っています。
これは、悪による最後の大仕事と言える御用が近い事を意味しているのかもしれません・・・などと考えています。

そして、この大仕事の時が人類の取りまして大変なのではないかとも考えています。

マシュー君のメッセージの最後の部分に有ります「ダイナミックな展開」は大きなキーワードになるかと思いますが、神示を参考に捉えますと、「恐ろしい日だが、神にとっては良い日」なのかも知れません。

今のまま大きな災難も無く時間が進みましても、ミロクの世への移行は難しいかと思いますが、どうなる事でしょうね。

新型インフルエンザですが、今後は南半球が冬に向かいますので、注意が必要かもしれませんね。
米疾病対策センターのベッサー所長という方が、この時期にウイルスの変異がおきたり病原性が強くなる可能性を指摘しているそうですので、これなどはワンワールド計画のシナリオに対します、ちょっとしたリーク情報かもしれませんので、日本も秋に向けてそれなりの対策は取っておくべきかもしれません。

余談ですが、ここ数日、実家にありますちょっとした畑を起こしまして、昨日はジャガイモを植えました。
農作業はやってみなければ分からない重労働ですが、それだけに食べ物の大切さが分かります^^
今年も普通に収穫できる気候であればと思いますが、仮に食糧危機が有りました場合には、多めに植えてますので何かしらの支援が出来るかも知れません。

では、また何か情報が有りましたら、宜しくお願い致します。

投稿: とっち | 2009年5月 7日 (木) 10時09分

トッチ様

マシュー君のメッセージの所感ありがとうございます!感謝!

>リーク情報

参考になり勉強になりました。
裏で色々な茶番がございます。
ほとほとやれやれなのでございます。
霊肉うれしうれしで改心、改善をしていただきたいものでございます。

こう観ましてもカルト団体は情報を隠し、またはある集団のみで共有しようとする習性がございます。
しかも観念的で十悪をしておりますから腐敗、増長をますます起こさせる仕組。
またそれは排他的な集団心理を示し、またそれにより隠蔽、偽装、改ざんの行為を誘発する。
同じ団体内部でさえ階位などがあり、それぞれに情報を改ざんし都合の悪い情報は隠し。。
(集団的な憑き物に罹っておられます)

今の政治、社会にもこのような体質は云える事でございますね。
つまりこのような団体の悪息がかかっているといふ事。
世がイキ詰まり乱れた要因でもあります。
何事も開けっ放しで清々しい情報の透明化が必要と存じます。
このような事は極少数の妄想(観念)により起こっている事でございます。
我々世界市民が苦しむ事ですから即刻やめていただきたいものでございます…


>畑を起こし

すばらしい事だと存じます!
トッチ様ジャガイモを分けてくださいー
ジャガイモ大好物なのです。
なにやらお腹が空いてきました。

こちらこそ何か情報が有りましたら、宜しくお願い致します。
ありがとうございました!

田舎拝

投稿: 田舎 | 2009年5月14日 (木) 23時17分

田舎さん、こんばんは。
お忙しい所、ありがとうございます。
勉強になっているのは私の方です。

人間はどうしても、不自由な肉体を持って生きているせいでしょうか、楽な方へ、都合の良い方へと向かってしまいますね。
そして憑き物に感応されてしまうのでしょうね。
私も気をつけたいと思いますが、中々失敗でもしなければ気が付けないものでして・・・

いわとが開けたら、集団も個人の心の中も透明化が行き渡っている事でしょうね。
沢山の方が、そんな世界で生きる事が出来ればよいですね。
進化弥栄とは、一度開けた岩戸を二度と閉まらない様にする努力でもあるのでしょうね、きっと。

 田舎さんはジャガイモ大好きですか^^
沢山取れればおすそ分けしますよ。

 そう言えば、明日朝の北海道は氷点下2度の予報が出ています。
いくらなんでも5月にマイナスはあり得ません。
太陽黒点消滅の影響が出始めているのでしょうか。
 苗が無事でありますように。。。

投稿: とっち | 2009年5月14日 (木) 23時51分

こちらこそ勉強になりますありがとうございます!

内観しますと憑き物などは反発するとそれ以上に抵抗します。
ある意味作用反作用の法則に似てます。
世も憑き物に付かれ疲れている人々が多いと存じます。
当方も日々改心改善うれしうれしの精進でございます。

>進化弥栄とは

勉強になります。

ジャガイモは豊作になるように!!( ^ω^)おっおっおっ(涎)


ここも顔文字使わせていただきました、ありがとうございました。拝
かむながらたまちはへませ弥栄ましませ。

投稿: 田舎 | 2009年5月16日 (土) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上つ巻 第五帖より ”ひむか”:

« 新型インフルエンザ防策  レスキューナウ@niftyより | トップページ | 警戒水準 「5」へ »