« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

47火山の監視強化を噴火予知連が提言したそうで

地球の内部に不穏な動きでもあるのでしょうか。

47と言えば、日本の都道府県はトータル47ですね。

そう言えば、神示では四十七が出てきます。

そうすると四十七は日本の事?

じゃあ、10は?

アセアンの10か国?

じゃあ、四十八は?

アメリカの本土だけの州は48ですが、アラスカとハワイを足せば50州だから関係無いか・・・とか脱線ゲーム。

この47の火山は、神示のいう「四十七、四十八、四十九で開くぞ」のひな形の1つとして時節を読むカギかも知れませんね。

これら四十七などは「いろは・・・」「あいうえお・・・」との事ですが、”いろは”から”ひふみ”になるぞと神示に書かれている事から考えて、色々な解釈はあろうかと思いますが、この世の限られた発音で済ませられる状態から、もはやこの世に存在する発音では表現不可能な次元の世界へ向かうという事を暗示していると捉えています。

今日は株価も7500円を割り込みましたし、ますますいいよいよが近づいたような気がします。

どうなりますやら。。。

ーーーーーーーーーーーーーー

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/yomiuri-20090218-00844/1.htm
富士山など47火山の監視強化、噴火予知連が提言

2009年2月18日(水)21時40分配信 読売新聞

-PR-
 火山噴火予知連絡会(会長・藤井敏嗣東大教授)は18日、将来噴火の可能性があり、監視を強化すべき火山として富士山など47火山を選び、公表した。

 気象庁が活動を常時監視している34の火山に、大雪山(北海道)、秋田焼山、焼岳(長野・岐阜県境)など13火山を追加するよう求めた。気象庁や大学などが連携し、観測機器などを集中させるよう提言している。

 火山予知連は、早ければ来月末までに正式な報告書をまとめ、提案する。それを受け、気象庁が対応策を検討する。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

インフルエンザはカロナールでよし

澪さんの娘さんがインフルエンザにかかった事により分かった情報です。

日本もタミフルとかリレンザを大量に購入しておりますが、若い人の異常行動が問題になり、今年の流行りはタミフルが効果無しであったりと、こんなんではクレームつけて返品した方が良いのではないでしょうかね。

他に使える薬が有るようですし、新型インフルエンザに効果が有る保証は無いのですから・・・

==================

(澪さんより)

娘がインフルエンザにかかって分かった事。

リレンザは、吸入の薬だけど、最後まで吸入出来ない。
リレンザも服用したら、異常行動をするかもしれないから、誰かついてないとダメと医者が言ってるし、普通の風邪で処方されるカロナールって薬でも同じ位で治るって事。
普段から体力ある人はタミフルとか使わなくても普通の処方された薬でいけると思うよ

・澪さんより追記

先月、中学生の息子がインフルエンザに罹った事は書きましたが、今度は高校生の娘がB型インフルエンザに罹ってしまい一週間ほどバタバタとしてました。

熱も下がりましたし、また明日からバイトに出ると言ってましたので安心してますが、子供がインフルエンザに罹って気がついた事があります。

(1)息子の時は、お医者さんがタミフルをださなかったのですが、娘の時は別のお医者さんでしたのでリレンザを初めて処方されましたが、娘が実際に服用してみた感想は「リレンザは、吸入の薬だけど、最後まで吸入出来ないし、かえって熱が上がったり下がったりする。」
リレンザも服用したら、異常行動をするかもしれないから、誰かついてないとダメと医者が言っていて、それじゃタミフルと同じです。

(2)息子は普通の風邪で処方されるカロナールって薬と解熱剤でタミフルと同じ位で治った事です。
普段から体力がある人はタミフルとか使わなくても普通の処方された抗生物質とか解熱剤でいけると思います。

(3)娘は最初に肩こりが原因だと思って、肩甲骨の内側に湿布を貼ってましたが、これはインフルエンザの節々の痛みに効果があるかもしれません。

インフルエンザに罹りたくないのですが、万が一罹った時は子供たちの教訓を生かしたいと思います。

p.s.
薬局で処方されたリレンザを貰った際に、アルカリイオン水を飲みすぎると良くない、飲むのなら経口補水液のほうが良いと言われました。
OS-1という500MLペットボトルに入ったものが売られています。熱があって食欲がなくても水分だけは採る様にしましょう。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

キスジノミハムシ

http://homepage3.nifty.com/totuti-sunrise/newpage2.htm

先日ルフランさんからのメールに有りました沖縄から届いた虫は、「キスジノミハムシ」で有る事が分かったそうです。

言いにくい名前ですね(^^;)

ワサビの匂いに寄ってくるそうで、特異な性質があるようですね。

=======================

(ルフランさんより)

トッチさん
課題の沖縄から持ち込まれた昆虫はキスジノミハムシでした。

ダイコン、ハクサイ、カブ、コマツナ、チンゲンサイなどアブラナ科の野菜に寄生し、成虫は葉を、幼虫は根に甚大な被害をもたらす甲虫で、沖縄から北海道まで全国的に分布しています。

一般的には有機リン剤(ダイアジノン粒剤等)、カーバメート剤(ベンフラカルブ粒剤等)、合成ピレスロイ剤:ガス剤(テフルトリン粒剤)を土壌に散布し、土の中で成長する幼虫を駆除しています。

成虫は人体に直接影響が有るほど強い成分で無いと効果が無い為に、農薬では駆除出来ずに一般的には防虫ネットを掛けます。

幼虫は土の中にいますので農薬で駆除しない限り地中から出て来ますから、防虫ネットも役に立ちません。
幼虫が根っこを成虫が葉を食害して全国に分布し、強い農薬でも幼虫しか駆除出来ないとても厄介な代物です。

 ネット上にこんなコメントがありました。

〈なぜ間引き菜を食べてはいけないのか〉
間引き菜を食べてはいけないという理由は、播種するときにアブラムシ、コナガ、キスジノミハムシ、ネキリムシとうの食害を防ぐため有機リン剤、やその他の薬剤で害虫を防ぐため粒剤が散布されます。
粒剤は比較的長く残留します。そのため収穫前の使用禁止期間が長いです。

播種してから間引き菜食べる期間では、農薬が残留している危険があるため、農薬の使用説明書には間引き菜は食用にしないよう書いてあります。
播種時に使用する農薬は毒性の強いものが多くほとんどが医薬用外毒物、や医薬用外劇物に指定されています。
生産用の種子のほとんどが種子伝染性の病害を防ぐため薬剤処理されていますから、スプラウトには使用できません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

家庭菜園をしますと間引き菜を食べる楽しみがあります。
数年前からスプラウトのブームなのにどうして市場に出回らないのかと不思議に思っていましたが、こんなところに原因が有ったようです。

ところでニームですが、変態の終了形の成虫には効果は有りません。

気門封鎖も甲虫には効かないので成虫になってしまうとお手上げです。

しかし変態を繰り返す幼虫には抜群の効果が有ります。

ニームの実を砕いたニームシードパウダーを作付けの2週間ほど前の土作りのときにすきこんでおけば、幼虫は10cm程度の地下で育ちますので、卵があれば産卵はしますが、ニームのある環境では脱皮やサナギに成ったり成虫に成ったり出来ませんので駆除されてゆきます。

ニームを使い農薬を使わなければ、薬剤処理されていない種を使えば間引き菜を楽しむことも可能です。

ところで成虫の方ですが、幼虫さえ駆除すれば成虫は居なくなるはずですが、近くの草むらで越冬する生態の為に、畑で幼虫を駆除しただけでは完全には防ぐことが出来ない場合も有ります。
越冬キスジノミハムシの大群が大挙して押し寄せることは無いでしょうから、直下の幼虫さえ退治しておけば通常は大丈夫の筈ですけれど。

沖縄産直キスジノミハムシは0.8mmしか有りませんが越冬する成虫は3mmには成りますので、畑から生まれたばかりの可能性が有ります。
前年にナタネ科の作物を植えていれば土の中に卵やサナギが有りますので、アブラナ科野菜を連作するとキスジノミハムシの発生が多く連作を避けるようですが、ニームシードパウダーをすきこむ事で改善出来ます。

ニームオイルよりも長期間効果を持続するにはパウダーの方が有効です。

  
 この中に沖縄産直のキスジノミハムシが3匹育っています
植物は小松菜でこでこの昆虫の餌として水耕栽培しています
1mmほどの穴が沢山開いています
もう一つには4匹育ちますが水滴で曇りが激しく撮影していません

自然農耕の一つとして、野生種の燕麦を使う方法も有ります。
キスジノミハムシが燕麦に含まれるヘキサコサノール-1とリノレン酸を嫌います。
通常の昆虫がニームが葉に付いていると食べなくなるのですが、キスジノミハムシはなぜか平気のようです。

ナタネ科の作物を植える前に野生種の燕麦を育て緑肥としてすきこむ事で効果が有るようですが、野生種の燕麦は厄介な雑草にも成ります。
燕麦抽出物は成虫にも強い忌避性が有りますので、すぐには無理ですがキスジノミハムシ用の忌避剤として添加すれば防虫ネットの必要が無くなるかも知れません。

ヘキサコサノール-1は高価ですが試薬でも入手出来ますので、微量でも忌避するのであれば有機農法には成りませんが添加は可能です。

通常は忌避剤に使われるワサビ成分のアリルイソチオシアネートが、キスジノミハムシには誘引物質になります。
相当変わり者の昆虫のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルフランさんより、試作品テスト結果

http://homepage3.nifty.com/totuti-sunrise/newpage1.htm

ルフランさんからです。

ショウジョウバエに対する効果はテキメンのようですね。

飛んでいるハエに対する効果の確認は暖かくなってからになるでしょうか。おそらく、良い結果になると思います。

~~~~~~~~~~~~~~~

今日エアゾールの試作品8本が届きさっそくコバエで試験してみました。

実はまだ入手出来たのが、カエルなどの餌用として販売される、飛翔能力を遺伝的に失ったショウジョウバエのみです。

http://www.wildsky.net/food/mafood.htm

ネットではいろんなものが売られていますね。
もっとも普通のショウジョウバエは需要が無いので流石に売られていません。
暖かくなれば何時でも湧いてきますから当然ですけれど。
今回このサイトから飼育セットも入手しました。
今後展示会などで効果を見ていただく機会も増えますので、太い試験管のような飼育管で、数十本は常時飼育しておく必要が有ります。
飛翔力のないショウジョウバエへの噴霧結果ですが、驚くほど強力で、一瞬にして動かなく成ってしまいました。

この製品は6段階の駆除システムを組み込んでいます。

1段目 忌避効果 ニーム成分などで虫の集まらない環境にします。
2段目 冷却効果 噴射剤の冷却効果で動きを止めます。
3段目 展着    まとわりつき動きを止め飛翔力を奪います。 
4段目 気門封鎖 呼吸を止め短時間で駆除します。
5段目 効果成分の展着 微量な植物成分を展着し二日程度で駆除。
6段目 変態阻害 ニームに含まれる成分で変態阻害します。

今回は2段目3段目4段目5段目の試験ですが、それぞれが上手く働いているようです。

噴射剤としてエアゾールに使われるDMAは、液剤を押し出すと共に液剤に溶け込むものが瞬間的に蒸発し、この蒸発力で液剤をエアゾルにすると共に気化熱で冷却します。

瞬時に動きを止めるのはこのDMA の冷却効果だと思われます。

実は噴霧後に200倍で拡大しますと、足などが痙攣しています。
おそらくDMAだけであれば気絶しているようなものですから、暫くすれば動き出すものも多いと思われます。

それで第3弾と4段が必要なのですが、成分総てがまとわりつき、気門も封鎖する事で窒息して駆除してゆきます。

明日まだ動いているようであれば五段目の成分が、長時間展着している事で確実な駆除に貢献します。

一段目の忌避効果は長期的に使用する事で、ニームなどの植物成分が人には気づかない濃度に満たされ、虫が近づき難い環境を作ってゆきます。

6段目の変態阻害効果はニーム種子の特徴的な成分である、アザディラクチンが昆虫の成長・脱皮・変態を制御する、エクダイソンという昆虫にとって重要なホルモンに似ている為に、0.6ppm(10万分の6%)からの極微量でもホルモン機能を阻害します。

実は、これらの各段階に効果を表すそれぞれの成分も極微量です。

多量であればベトベトになってしまい、原価も高額になります。

6ヶ月ほど必要でしたが、極少量でニーム以外は食物成分から選定して組み合わせる事が出来ました。

ニームオイルやアザディラクチンは、人の健康を損なうおそれのない物
http://www.ffcr.or.jp/zaidan/FFCRHOME.nsf/pages/MRLs-Exclusion
として、国の認めている数少ない物質です。

今回は飼育管内の試験ですので、本来のこの製品の特徴である飛翔昆虫を落とせるかどうかはこれからですが、この成果だけでも使えるところは沢山あります。

例えば暖かくなるとゴミ箱などに驚くほどの短期間にコバエが発生しますが、発生場所に直接噴霧すれば、成虫は飛べなくなり駆除出来ますし、幼虫やサナギは変態出来無くなります。

食品工場や飲食店の配水管の中にコバエやチョウバイが多量に発生します。
この中に噴霧すると、今回の試験と同様の効果が期待出来そうです。

  ルフラン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白雪

白雪を紹介します。

最近は乙姫だの天女だのと言ってますが、今回の「白雪」って姫の事ではありません。

カボチャです↓

003_2

表面の皮が白いので「白雪」と言うのでしょう。

北海道の実家が栽培したカボチャですが、肥料の影響か、直径13cmほどで小ぶりです。

大きさ比較の為に置いた男爵イモ。こちらは去年のGWに私が父と植えた芋です。

先日14日の異常に暖かな気温のせいで、ダンボールに入れてダイニングに置いてたイモが芽を出したので、目をもいで冷蔵庫に移しました。

これでまた保存がきくでしょう。

話を白雪に戻しますが、このカボチャは煮ても荷崩れしないので、長い時間煮込む料理に適しているでしょうか。

普通のカボチャでしたら、シチューに入れると溶けて、クリームシチューが黄色くなるのですが、白雪は解けないのでシチューは白いままで、ちょっと驚きました。

スーパーで売ってるカボチャは外国産が多いですね。オーストラリアとか。

農薬が気になりますし、また値段も高いのが気になります。

 戦後の食糧難に、町のいたる所を畑にしてカボチャの栽培が行われましたが、比較的育てやすく沢山取れますし、保存もききますので、今後食糧難が来た時には自家栽培でカボチャなどいかがでしょう。

その際には、ルフランさんの殺虫剤が必需品となる事でしょう^^

ちなみに私、カボチャはカンボジア原産であり、1500年代に日本に伝来した事を山岡宗八の小説で知ったのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

沖縄の虫

http://homepage3.nifty.com/totuti-sunrise/newpage85.htm

(ルフランさんより)

明日はエアゾールスプレーの試作品が4種類2本づつ届く予定ですが,
この時期は試験をする昆虫の入手が大変です。
大研究所であれば常時試験用昆虫も飼育しているのでしょうけれど
こちらではそのたびに調達するしか有りません。

今回の課題も簡単では有りませんのでジックリ研究できるように
ここでもコバエ(ショウジョウバエ)やユスリカなどの不快害虫の飼育が始まりました。

悪くもないのに人から嫌われる可愛そうな虫達です。
ハエも変態疎外効果を見る為に飼育開始です。
  やっぱり不快かも

先週沖縄で困っていると言う0.8mmの甲虫が持ち込まれましたので、その子たちも同居です。

こんなに小さいのにピョンピョん跳ねて、水耕栽培で育てる小松菜をバリバリ食べてしまっています。
とっても手強いのですが現地でハノミとか言うらしいのですが
正式な学名すら不明です。

  ルフラン

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(とっち)

ハノミは、ネットで検索しても見つかりませんね。

ここ数年ですが、仕事をしていると、真冬でも時々小さな虫を見る事が有りますよぉ。

先日も窓に小さなハエの様な虫が飛んでましたし、車の中に蚊の様な虫が紛れ込んでました。

昔でしたらこの時期に虫を見るなど有り得なかったのですが、やはり地球の環境はおかしいのでしょうね。

でも、さすがにルフランさんのサンプルに出来るほどの数はいませんけど。

沖縄などの温暖な地域でしたら、年間を通して虫の被害対策が必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死者のたたりか?墓地跡地の学校で自然発火=科学の力が超常現象の謎を解いた

火災の原因として、強い電磁波がストーブなど電子機器の異常作動を引き起こし火災を発生させたり、金糸を発火させる事も知られてますが、リンも場合によっては無視出来ない出火原因になるのでしょうね。

  リンで思い出すのが、父と母に聞かされた子供の頃に体験した話です。

 父の実家は農家で、ぐるりと周りが田んぼで囲まれてます。

隣の家まで近くて100m前後でしょうか。北海道の広い平地ですので、遠くまで見通しの良い地理的環境にあります。

ある日の朝、父が向いの家を見ますと、屋根から光る火の玉の様なものがユラユラ~っと登ってゆくのが見えたそうです。

何だありゃ?と思っていたのですが、時を同じくして、そこの家の御老人が亡くなったのだそうです。

人魂はリンが燃えた現象だと言われてますが、亡くなって直ぐに発生して発火するのかは疑問ですね・・・。

 母の実家も農家なのですが、家は平地ではなく山の中です。

家の裏はぐるりと山に囲まれています。

私が子供の頃、冬休みは毎年泊まりに行って裏山でソリ遊びをしたものです。

母が子供の頃、ある日の夕方、裏山を見ますと、何やら火の玉が松明の様に幾つも並んで発生しているのを目撃したそうです。

「キツネの嫁入り」と言われる現象です。

その火の玉の行列が移動している様子は、まさにキツネの嫁入りの形容がぴったりなのかも知れませんね。

おそらく、これはリンの発火現象かと思われます。

昔ですから、今と違って動物が豊富に居た事でしょうし、その動物達の死骸が、条件がそろうとリンを発生させるのでしょうね。

母が見たのは後にも先にもその1度だけでした。

とても稀な現象なのでしょうね。環境が変わってしまった現代では、もう見る事は出来ないのかも。

リンク: <a title="死者のたたりか?墓地跡地の学校で自然発火=科学の力が超常現象の謎を解いた―湖北省襄樊市 - 速報 ニュース:@nifty" href="http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20090215015/1.htm">死者のたたりか?墓地跡地の学校で自然発火=科学の力が超常現象の謎を解いた―湖北省襄樊市 - 速報 ニュース:@nifty</a>.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空の巻 05帖

澪さんのブログで、空の巻05帖が取り上げられていました。

トライするその心意気、真にあっぱれに思います^^
今の私でしたら、億劫でダメかも~

真ん中の山の数にも触れておられますが、私はそこには気が回りませんでしたよ。
37個だそうですが、意味が有るとしますと、今後何かが分かるかも知れませんね。

Sora05

ここに、私が昔解釈した空の巻第05帖があります。
http://www31.tok2.com/home2/slicer21/0-n-space-3488.html

取るに足らないものですが、こうして保存して下さっている千成さんには感謝です。

今こうして見ますと、もっとシンプルに書くと思いますが、参考になる所が有れば幸いです。。。。

3千世界の一角を担うこの世も、曇りがすっきり晴れ渡り、奥山までくっきりと見通せる身魂。器が出来て肝に神示が入り、鳴る十の仕組みが滞りなくスムースに営まれる、そんな世の中が早く到来する事を祈りたいと思います。

みたいな解釈ってどうでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

人工衛星同士の衝突事故

アメリカとロシアの人工衛星が衝突し、破片が飛散しているそうです。

機能停止し漂っていたロシアの衛星と米国の衛星による事故ですが、宇宙の交通事故は初だそうです。

http://www.asahi.com/international/update/0212/TKY200902120072.html

人類は地上だけではなく、大気圏外にもゴミをまき散らしてますね。

いつか掃除しなければならない時代が来るんでしょうねぇ。

「米航空宇宙局(NASA)によると、10センチを超えるデブリは現在約1万2千個が確認されている。 」

だそうですが、どうか私が毎日使ってますカーナビの人工衛星には悪影響を与えないでほしいものです。

現場に辿り着けないと泣けてきますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥取大で救急専門医が全員退職 - 速報 ニュースより

吹き出る諸問題を解決しないばかりか、弱者に負担を強いる今の政治を見ていますと、経済破綻、異常気象による飢饉、果ては戦争により人口を削減し、特権階級だけ金を貯め込んで生き残ろうみたいな思惑が見えるのは気のせいでしょうか。

まず懸念されるのが金融経済ですが、アメリカのビッグ3救済が実現しない場合、大変な事態を招く事になり、医療問題どころではなくなるかもしれません。

成り行きを見守りましょう。

===================

(金太郎さん)

お疲れ様です。

この記事は何日か前にテレビで報道してました。
確かに、救急医と産婦人科医が不足してきてます。
鳥取の市立病院では、小児科医がいなくなり、他の病院から派遣してもらってます。

このままじゃ、今後の災害時の受け入れ体制に支障が出て、助かる命が助からなくなる可能性もありますね(-_-;)

(とっち)

お疲れ様です。

鳥取の救急医療がピンチですよ。
鳥取に限らず、地方で崩壊寸前だとか。

救急外来は多忙過ぎるのが問題で(尚且つ低賃金)、体調を崩すドクターが後を
絶たない現状なのでしょうね。

桝添厚生労働大臣に医療機器を直訴したところで、改善する余地は無いのでしょ
うか。
諸問題が噴出している日本ですが、アメリカほどではないにしろ、もはや末期症
状ですね。

リンク: <a title="「命の砦」3次救急が崩壊寸前 鳥取大で救急専門医が全員退職 - 速報 ニュース:@nifty" href="http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jcast-35736/1.htm#TB_inline?height=180&width=440&inlineId=mainLink">「命の砦」3次救急が崩壊寸前 鳥取大で救急専門医が全員退職 - 速報 ニュース:@nifty</a>.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

紫金の巻 第12帖  クラゲナスタダヨヘル?

浦島太郎のお寺を訪れてから、神示の乙姫が気になり検索した中に、紫金の巻 第12帖 がありました。
その中に、「クラゲナスタダヨヘル」と「ウマシアシカビヒコジ」があり、なんじゃこりゃと思いながら放置していたのですが、金太郎さんが調べて下さいまして、解釈をするとっかかりになりました。
神示に「元に戻す」とありますので、最初は、超文明の異星人に遺伝子操作で人類が創られた頃からさらに以前の状態に戻す事なのかと考えたりしましたが、もっと無難な解釈をしてみました(^^;)

(とっち)

金太郎さん、ありがとでした^^古事記の記述だったんですね。
クラゲナス漂える時にウマシアシカビヒコジ生まれる。

太陽さんとロックさんの解釈を見たけど、違う解釈が思い浮かびました。
http://13.pro.tok2.com/~space-age/sunmoon/50_xx_purplegold/purplegold_xx_142.htm

神示が、なぜこの神とその時の状況が横の十と縦の十で和するとしているのか。
両方ともカタカナで表現している所に意味が有るのかもと思って見ていると、ど
ちらも10文字である事に気がつきました。

縦と横のつながり、ナルトウとナルトウの和、それら立体を便宜上もっとも古い
とされる神(人間と神の関係)と空間(3千世界)の比喩として用いたのではな
いかと思います。

>十と十と交わり和して百となり九十九と動くのぞ。

その立体の動きにより、百(さまざまな)表れが起こり、その中には九十九(つ
くも神=邪)も現れるという事なのでしょう。

善もあれば悪もある。
しかし、悪は殺し削除するものではなく抱き参らせるのが進化弥栄へのあり方。

そして、あえて最も古い神を用いたのは、
”過去も未来も霊界にはない、「今」があるのみ、これを中今(ナカイマ)と申
すぞよ。”
これを引き出し強調する効果を狙ったのではないでしょうか。
神の活動は過去ではないよ。。。

そこで十柱の神です。
これら神は人間にとっては祟り神(九十九つくも)に映るかも知れませんが、神
の目線で見れば弥勒の世を引き寄せる為の吉兆。

人間は節句に「厄」払いしますが、「厄」は同時に「お役」でもあるという事で
すね。

そして”元の道が光り輝くぞ”となるのでしょうね。

この元というのが、天照大御神が人間の都合で権力の祖とされるずっとずっと以
前の状態、ウマシアシカビヒコジの頃の状態なのかもしれません。

========================

(金太郎さんより)

お疲れ様です^^

PCを立ち上げている間に、明治学院大学教授の武光 誠さんが書かれた「日本人なら知っておきたい神道」という本を読んでましたけど、早速一つビンゴです!
「ウマシアシカビヒコジ」ですけど、この本のP34に

私達は、「古事記」や「日本書紀」の記事の中から、天皇支配を正当化する古代の国家主義的発想や外来の思想を取り除くことによって、神道の本質を知ることが出来る。
日本神話の中の、皇室の祖先神である天照大神が現れるより前の部分に、そのような神道の原形が見られる。それは、きわめて古い時代の原始的な段階の日本人の望みをそのままあらわすものである。
そこには、天地の区別も明暗の区別もわからない混沌の中からアシの芽(葦芽(あしかび){葦牙})のように勢いよく萌え出た(種子から芽が出るように出現した)ものが最初の神、可美葦牙彦舅尊(うましあしかびひこじのみこと){以下、神名は「日本書紀」の表記による}になったとする記事がある。また、「造化三神(ぞうかさんしん)と呼ばれる最初に現れた神は、天御中主尊(あめのなかぬしのみこと){天の中心となるかみ}と、高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)、神皇産霊尊(かみむすひのみこと)の三柱であったとも記されている。


と書かれてます。
ただ、この可美葦牙彦舅尊(うましあしかびひこじのみこと)は後に繋がる系統の方がおられないみたいです。
他の天御中主尊(あめのなかぬしのみこと)、高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)、神皇産霊尊(かみむすひのみこと)には繋がる方々がおられるのに、不思議です。

それから、「クラゲナスタダヨヘル」ですが、関連資料の3つめの中に説明が書いてありますので、とりあえずこれも参考にしてみてください。

関連資料

http://www.channeling.jp/kamiyo/%E5%8F%AF%E7%BE%8E%E8%91%A6%E7%89%99%E5%BD%A6%E8%88%85%E5%B0%8A.html

http://www.loops.jp/~asukaclub/kami/kami_004.html

http://www15.ocn.ne.jp/~utage/takuzyou/toki/a/0001u/umasisikabi.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(とっち)

お疲れ様です。

もう眠いっす(^^;)
ブログ無理かも。

この神示ですが、「クラゲナスタダヨヘル」と「ウマシアシカビヒコジ」は何で
しょうかね。

当てはまる漢字とかあるのかな?
いつでもいいので時間が有る時にでも分かる事が有れば調べといて下されば助か
ります。
 

ヨコの十の動きがクラゲナスタダヨヘルであり、タテの十の動きがウマシアシカ

ビヒコジであるぞ、十と十と交わり和して百となり九十九と動くのぞ。過去も未来

も霊界にはない、「今」があるのみ、これを中今(ナカイマ)と申すぞよ。竜宮の

乙姫殿、日の出の神殿、岩の神殿、荒の神殿、風の神殿、雨の神殿、暗剣殿、地震

の神殿、金神殿の九柱なり、総大将は国常立大神なり、このこと判りて下されよ、

教はなくなるぞ、元の道が光り輝くぞ、これを惟神(かんながら)の道と申すぞ。
紫金の巻 第12帖 (142)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

金もうけさせねぇってか・・・

今週予定に入ってました日本綜合地所の仕事が、破綻のためストップしたと連絡が有りました。

民事再生法の手続きが終わるまでは支払いなど出来ないのだそうです。

私などは月に1度か2度程度の数しかやってませんので影響は小さいですが、100%子会社など、すったもんだしてるでしょうねぇ。

下の神示は、ひふみ神示を金儲けに使うなよと言っているくだりですが、「金儲けさせんぞ」って、あたしに言ってんのかい!と突っ込んでみよう、神に(^^;)

ただでさえ生活チョーぎりぎりなんですけど。

金融危機ですねぇ~・・・

「この道(おしへ)は宗教(をしへ)ではないぞ、教会ではないぞ、道ざから、今までの様な教会作らせんぞ。道とは臣民に神が満ちることぞ、神の国の中に神がみちみつることぞ。金儲けさせんぞ、欲すてて下されよ」
下つ巻 第01帖 (043)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金の取引倍増 神示を金で抽出・・・

今や、いつ紙幣が紙くずになるのか予断を許さない状況に有り、株式も見放され、そして金に投資の矛先が向けられているようです。

以前から金相場の上昇は戦争の前兆として注目され、2006年前後にも気になる動きが有りましたが、今回は状況がまるで違いますね。

世界同時不況に大企業の赤字決算、そして失業者の増加。これらが急激に押し寄せて、底が見えるどころか、ますます悪化の度を深めている金融危機にあります。

沈む経済と世相にあって、金の取引が倍増する現象は要注意かも知れませんね。

そこでですが、なんとなく神示を「金」で抽出してみました。

 【(テン)忘れるなよ】。世を捨て、肉をはなれて天国近しとするは邪教であるぞ。合せ鏡であるから片輪となっては天国へ行かれん道理ぢゃ。迷信であるぞ。金で世を治めて、金で潰して、地固めして みろくの世と致すのぢゃ。三千世界のことであるから、ちと早し遅しはあるぞ。少し遅れると人民は、神示は嘘ぢゃと申すが、百年もつづけて嘘は云へんぞ。申さんぞ。(十二月七日)一二十
黄金の巻 第059帖 (570)

なにげに目につきましたこの神示。

ひょっとしますと、「百年」がこの神示のキーワードかも知れません。
現在、100年に一度の金融危機と言われていますが、これが時節を読む鍵だとしますと、愈々近しですが。

金で抽出したついでに、各神示の注目部分を抜粋し、少し考察してホームページに順次載せてみようかと思います。

今が金の神ご活躍だとしますと、タイムリーかも?

他にも考えている事が有り、時間が有る時に同時進行で書くつもりでいます。

その間はコメント頂いてもお返事する余裕が無いと思いますので、放置して下さればと思います^^

 一番下に有ります「月光の巻 第57帖」は、派遣社員切り捨てが大きな問題になり、さらなる人員削減が進められ、失業率が急上昇中の今見ますと、考えさせられるものが有るのではないでしょうか。

本当は失業した方に見て考えて頂きたい神示ですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/yomiuri-20090208-00124/1.htm

金の取引倍増、株下落や円高で投資向かう

2009年2月8日(日)2時46分配信 読売新聞

 世界的な金融危機で証券市場が冷え込む中、金の取引が好調だ。

 田中貴金属工業の投資用金貨の2008年販売量は15万8851トロイ・オンス(約4・9トン)と、前年の約2・2倍に急増した。

 金の年間平均価格も上昇した。金融危機で株式相場が下落したのが嫌気され、比較的安全な実物資産である金に投資資金が向かったとみられる。

 金の市場動向研究機関「ワールドゴールドカウンシル」の豊島逸夫氏は「輸入商品である金は、昨年後半以降の円高で値ごろ感が出たため、買う人が多かった」と分析している。

=====================================

 いくら金積んで神の御用さして呉れいと申しても、因縁のある臣民でないと御用出来んぞ。御用する人は、何んなに苦しくても心は勇むぞ。この神は小さい病直しや按摩の真似させんぞ、大き病を直すのぞ。神が開くから、人の考へで人を引張って呉れるなよ。
上つ巻 第07帖 (007)

金(かね)のいらぬ楽の世になるぞ。
上つ巻 第04帖 (004)

神は小さい病直しや按摩の真似させんぞ、大き病を直すのぞ。神が開くから、人の考へで人を引張って呉れるなよ。
上つ巻 第07帖 (007)

 何もかも持ちつ持たれつであるぞ、臣民喜べば神も喜ぶぞ、金(きん)では世は治まらんと申してあるのに まだ金追うてゐる見苦しい臣民ばかり、金は世をつぶす本ぞ
天つ巻 第02帖 (109)

 われよしの政治ではならんぞ、今の政治経済はわれよしであるぞ。臣民のソロバンで政治や経済してはならんぞ、神の光のやり方でないと治まらんぞ、与へる政治がまことの政治ぞよ、
地つ巻 第18帖 (155)

十柱とは火の神、木の神、金の神、日の出の神、竜宮の乙姫、雨の神、風の神、地震の神、荒の神、岩の神であるぞ
日の出の巻 第18帖 (231)

人民のイクサや天災ばかりで、今度の岩戸ひらくと思ふてゐたら大きな間違ひざぞ、戦や天災でラチあく様なチョロコイことでないぞ、あいた口ふさがらんことになりて来るのざから、早うミタマ磨いてこわいもの無いやうになっておりてくれよ、肉体のこわさではないぞ、タマのこわさざぞ、タマの戦や禍は見当とれまいがな、
磐戸の巻 第07帖 (243)

。神の国の政治は、もの活かす政治と申してあろが、もの活かせば、経済も政治も要らんぞ。金もの云ふ時から、物もの云ふ時来るぞ。誠もの云う時来るぞ。石もの云ふ時来るぞ
松の巻 第05帖 (296)

神のキ頂くのざぞ、キとミとのあいの霊気頂くのざぞ。
雨の巻 第15帖 (349)
]
科学科学と人民申してゐるが人民の科学では何も出来ん、乱すばかりぢゃ、神に尋ねて神の科学でないと何も成就せんぞ、分らなくなったら神に尋ねと申してあること忘れるなよ、一に一たす二ばかりとは限らんのぢゃ、判りたか。
梅の巻 第15帖 (442)

 金(きん)では治まらん、悪神の悪では治まらん、ここまで申してもまだ判らんか、金では治まらん、悪の総大将も其の事知って居て、金で、きんで世をつぶす計画ざぞ、
梅の巻 第26帖 (453)

 ミロク世に出づには神の人民お手柄致さなならんぞ、お手柄 結構々々、神の人民 世界中に居るぞ。
未だ金や学で行けると思ふてゐるのか、愈々の蓋あいてゐるに未だ判らんか。
空の巻 第09帖 (464)

悪殺しても殺しても、焼いても煮てもしゃぶっても、悪は益々ふへるのみ、悪殺すてふ其のことが、悪そのものと知らざるや、神の心は弥栄ぞ、本来 悪も善もなし、只み光の栄ゆのみ、八股おろちも金毛も、ジャキも皆それ生ける神、神の光の生みしもの、悪抱きませ善も抱き、あななふ所に御力の、輝く時ぞ来たるなり、
言答(いわと)明けたる今日ぞ目出度し
海の巻 第05帖 (497)

 【神、拝しても筋違ふと水の泡ぞ】。まだ迷うてゐるが、それでは仕組成就せんぞ。褌しめて一本道の真心結構。金がよければ金拝め。人がよければ人拝めよ。神がよければ神拝め。かのととり。一二十
黄金の巻 第017帖 (528)

 【(テン)忘れるなよ】。世を捨て、肉をはなれて天国近しとするは邪教であるぞ。合せ鏡であるから片輪となっては天国へ行かれん道理ぢゃ。迷信であるぞ。金で世を治めて、金で潰して、地固めして みろくの世と致すのぢゃ。三千世界のことであるから、ちと早し遅しはあるぞ。少し遅れると人民は、神示は嘘ぢゃと申すが、百年もつづけて嘘は云へんぞ。申さんぞ。(十二月七日)一二十
黄金の巻 第059帖 (570)

人は罪の子でない、喜びの子ぞ。
黒鉄の巻 第36帖 (654)

うれしくないものは弥栄しないぞ。冬になったら冬ごもりぞ。死ぬ時には死ぬのが弥栄ぞ。遊ぶ時は遊ぶがよいぞ。
コト=言(光透)と、時と、その順序さへ心得て御座れば、何をしても、何を話しても、何を考へてもよいのぢゃ。
月光の巻 第40帖 (827)

 そなたは失業したから仕事を与えてくれと申してゐるが、仕事がなくなってはおらんぞ。いくらでもあるでないか。何故に手を出さんのぢゃ。そなたはすぐ金にならねば食って行けない、金にならぬ仕事は出来ぬ、自分はよいが妻子が可哀さうだから、などと申してゐるが、どんな仕事でも、その仕事にとけ込まねば、その仕事になり切らねばならんのに、そなたは目の先の慾にとらわれ、慾になり切って、目の色を変えて御座るぞ。それでは仕事にならん。仕事は神が与えたり人が与えてくれるのでないぞ。自分自身が仕事にならねばならん。この道理さへ判れば、失業はないぞ。自分が仕事ぢゃからのう。
月光の巻 第57帖 (844)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

事件の前兆に色彩夢を見る女性がいた! - 速報 ニュース:@nifty

なんとなく気になる記事です。

不思議な能力を持つ女性がいるそうですが、その方が年明けから3月までに人々の心を暗くする出来事が起こると感じているそうです。

事件か災害か何かは分からないそうですが、今の世相を見ますと何があっても不思議には思いませんね。

この女性ですが、有名にならないでいてほしいですね。辛い思いをするだけですから。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

リンク: <a title="事件の前兆に色彩夢を見る女性がいた! - 速報 ニュース:@nifty" href="http://news.nifty.com/cs/item/detail/naigai-2008120192908941/1.htm">事件の前兆に色彩夢を見る女性がいた! - 速報 ニュース:@nifty</a>.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

破綻は置いといて、違う話です

あらあら・・・

お得意さんの依頼で日本綜合地所の物件をたまに手掛けてましたが、破綻ですか。

先月管理物件のマンションの管理人さんが、かなり危なそうだよ・・・なんて言ってましたけど、金融危機から早かったですね。。。

私の周りも、そろそろ影響出てきたかな。

日本綜合地所で思い出しましたが、去年の夏にリフォーム済みのオフィス物件で昼休み、一人で休憩していたのですが、壁の向こうでコツコツコツとヒールで歩く音が聞こえて、洗面の水道を使っているのであろう、壁の中の排水管に水が流れる音が聞こえてました。

各階ともエレベーターが出入口になっているワンオフィスで、共用部の廊下の無いビルでして、私のいた階には誰もいません。

立派なビルですので上下階の足音が聞こえる事は無いと思います。

可能性があるとしますと非常階段からの音かも知れませんが、非常階段からは化粧室に入れませんし・・・

タバコでも吸いに非常階段に出る人が居た可能性も考えましたが、非常口の扉は特殊なタイプですので、普段は出入りしないと思います。

昼でしたので、その時は仕事の事で気が張ってましたし、上の階で誰かがトイレ使ってるのだろうぐらいで気にしてなかったのですが、後になって、よく考えたら音が聞こえるなんて変だなぁ・・・と。

まあ、何かの加減で他の階の音が聞こえたあのだとしておきましょう。

http://news.nifty.com/cs/economy/stockdetail/reuters-JAPAN-363184/1.htm

日本綜合地所が会社更生手続き、負債総額1975億円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ミスター渡り」と言われている人がいるそうな

”ミスター渡り”と言われている人事院のトップである谷公士総裁が、組織防衛の為に法案成立まで抵抗を続けるそうです。

まあ、自民党が官僚と闘って改革を進めますよと、自民党を守るための演出の可能性もありますので、遠巻きに見ている事にしましょう。

それよりも問題なのは、この部分です。

「また、昭和28年以降、人事官3人のうち1人は報道機関の幹部経験者の指定ポストで毎日、朝日、読売、NHK、日経の退職幹部が歴任。閣僚経験者は「報道機関が人事院を批判できるわけがない」と打ち明ける。」

これですから、有事になれば報道機関は大本営放送になる訳ですよね。

今でさえ、本気で国家に都合の悪い事を言えないのですから。。。

http://news.nifty.com/cs/topics/detail/090204105813/1.htm
ミスター渡り"の説得工作術
渡り年内廃止へ 立ちはだかるミスター 谷人事院総裁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒点消滅から半年

温暖化対策でCO2削減のエコロジーがテレビなどで盛んに取り上げられてますが、太陽の黒点が昨年の8月から消滅したままである事を忘れてはいけませんね。

Neta1 太陽観測衛星SOHOより、本日の太陽です。

昨年初めから黒点が3つしかない状態が続き、8月にとうとう消えたしまったのですが、現在も黒点が現れませんので、どうやら長引きそうな気配ですね。

最近の研究では、太陽の磁気圏の影響は地球の雲の編成に影響を与えるそうです。

また、放射線が多いと雲も多くなる関係が証明され始めているそうですが、黒点は放射線を弱める働きがあるそうです。

つまり、黒点が無くなると放射線が増え、雲が増える。そうなりますと気温が下がるとなります。

そうなりますと、温暖化はどうなるのでしょう。

これらの理論も鵜呑みには出来ないのかもしれませんが、アメリカががくしゃみをすれば日本が風邪をひく様に、太陽の変化が地球に影響を与えない訳が有りません。

ただ、人類も経験していない現象ですので、どの様な影響が出てくるのかは正確には分からないと思います。

SOHOのホームページも24時間分の表示がなくなり、1枚だけの画像になってますが、NASAも金融危機でコストを削減したのか、それとも宇宙で見せられない何かが起こり始めているのか。

勘ぐりすぎでしょうか^^

温暖化と騒がれてますが、今や本当に気温が上昇するままなのか、それがCO2によるものなのか、疑問が呈されてます。

気温の変化に伴う異常気象の原因は、もっと違う所にあるのかもしれません。

原子力発電同様、温暖化ビジネスの利権構造が既に整っているので、そのまま推し進めているのが現実かと思われますが、そんな物が無意味と化す事態が間近に迫っているかもしれない可能性を否定出来る人は居ないと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日のメールの続きです

高知の事故は私も知ってますよ。
テレビの特集を見て、警察によるブレーキ痕のねつ造など驚きましたが、権力を
笠に隠ぺいされ、不当な裁きを受けるなどの理不尽な事が、世の中から消える日
が来てほしいですね。

先月、警察学校で仕事をしたのですが、お若い警官の皆さんが顔を見ればすぐに
笑顔で挨拶をして下さり、とても好印象を覚えました。
若い方、現場の皆さん一人一人は正義感に燃えて世の中の為に頑張っているので
すが、それが組織の維持となりますと、残念な部分が見えてしまうのですね。

不祥事を取り締まる側は、不祥事の概念すら有ってはなりませんよね。
「警察の辞書に、不祥事の文字は無い」でなければ。
不祥事は無い事が前提です。
不祥事ではなく、「失敗はあるもの」でしたらまだ分かりますが、ごまかす事を
指示してはいけませんね。
若い警察官の方々がが頑張っていても、組織のつまらない体質で信用を失っては
気の毒です。

先日、冤罪についての記事を出させて頂きましたが、植草さん、どうなるのでしょうねぇ。
日本再生は、もう少々後かも知れませんが、近い予感もしてます^^
きっこさんは何故男性不信かは分かりませんが、住まいは遠くなさそうですの
で、一度お会いしてみたいですね。
======================


(ルフランさんのメール)
> トッチさん
>
>  じつは私も読んでいないんですよ
>  宗教と科学の対立と見ればイルミナティは宗教界全体の共通の敵なんでしょうかね
>  トッチさんの主張どうり宗教は権力者に悪用され過ぎました
>  
>  話は違いますが
>  高知白バイ事故で本件不起訴処分は不当であると検察審査会の決定が出ました
>  まだやっと一歩進んだだけですが
>  きっこさんのアピールも大きくて7245名の署名が集まり
>  マスコミもようやく取り上げた事が大きかったようです
>  http://geocities.yahoo.co.jp/gl/haruhikosien/view/20090131
>
>  国会中継を見ましても現代日本で此れほど教育に悪いものは有りません
>  悪いものは悪いと教えませんと教育など成り立ちません
>  
>  {不祥事とは何か、事案があっただけでは不祥事ではない。
>   これがマスコミに騒がれて、初めて不祥事になる}
>   この呆れた文言は漏洩した神奈川県警署長会議 本部長総括指示だそうです
>  http://www.independence.co.jp/police/hodogaya/archive/doc43.html
>
>  
>  男性不信のきっこさんに頼れないのが何とも残念ですけれど
>  植草さんの組織絡みの冤罪が晴れ
>  落し込めた連中総ての裁かれる日が日本再生の一歩だと思います
>  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・ルフランさんのお返事を追加です。
 植草さん政治ブログランキングで二位に成られています
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/
 分かる人には分かっているんですね
  日本も捨てたもんじゃ有りません
    ルフラン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オバマ大統領時代のUFO研究 - 速報 ニュース:@nifty

オバマ大統領就任式の映像に、UFOが写っていたようですね。

黒い影が高速で移動していたそうですが、9・11の飛行機がビルに衝突する映像にも超高速で飛び去る黒い物体が写ってましたね。

就任式の映像は見ていないのですが、同じ種類の物でしょうか。

アメリカが地球外文明の存在を公表する時、どんな世の中になっているのでしょうね。

普通ではない状態の時になるような気がします。

リンク: <a title="オバマ大統領時代のUFO研究 - 速報 ニュース:@nifty" href="http://news.nifty.com/cs/item/detail/naigai-2009020285977594/1.htm">オバマ大統領時代のUFO研究 - 速報 ニュース:@nifty</a>.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イルミナティは宗教の敵なのか(トム・ハンクス「天使と悪魔」)

ルフランさん、メールありがとうございます。

これは世の中の本質を見極める為には重要な要素かもしれませんね。

宗教の最も危ういのは、分裂を招く性質に有ると思います。

1、人として飛び抜けた人が教祖になる。
2、その人が死ぬ。
3、教祖の域に至らない弟子達は、それぞれの解釈を主張し分裂する。
4、宗派間の争い

私はこれを宗教の四体(したい)と呼んでます・・・・

5、さらには宗教間の争いが有ります。

これを含めて。宗教の5体(いたい)と名付けてみました。
変換を間違えれば、死体だの遺体だのになってしまいますね(^^)

この性質を支配体制の確立に利用したのは、他でもないイルミナティではないで
しょうか。
戦争は最大のビジネスであり、宗教は洗脳に持ってこいです。

真摯に平和と天国を求める宗教者にとりましては、イルミナティは敵であります
が、その宗教という環境を与えてくれているのはイルミナティである矛盾が、現
代のこの世を成している本質的現実ではないかと思うのですが、実態はどうなの
でしょうね。

日本の寺院仏閣も、海外の寺院も教会も、当時の権力者により、人民の血と汗の
犠牲の下に建てられた芸術品です。


もう一つですが、
私の感覚では、思想(宗教も)と科学は別ではないと思ってます。
「原因が有り結果が有る」は物理学の根本理念ですし、仏教の世界でも根本の原
理とされてます。

頭に浮かんだ理論を仮説とし、それを証明するのが科学であれば、理論は伝説迷
信とされる物も含まれますし思想的要素も多分に含まれていたりしますので、科
学と宗教は同義ではありませんが、共存してしかるべきものと考えてます。

とか書きましたが、ダ・ヴィンチ・コード見てませんので、あてずっぽうに述べ
てみました(^^;)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(ルフランさんより)
> 映画ではダ・ヴィンチ・コードの続編ですが原作は
>  『天使と悪魔』Angels & Demons (2000年)
>  『デセプション・ポイント』Deception Point(2001年)
>  『ダ・ヴィンチ・コード』The Da Vinci Code (2003年)
> 2000年に書かれています
> 共通の敵とはイルミナティという事でしょうけれど
> ダ・ヴィンチ・コードが
> キリストの結婚を証明し神格を消そうとしたのであれば
> 宗教と科学の対立の立場からすればその行為がイルミナティ的何なのでしょうか
>
> 最近のアメリカの教会では新約ではなく旧約だけを教えると聞きますが
> ユダヤ教やイスラム教の新約をタルムードやコーランととらえれば
> 旧約は三つの宗教の接点ですから表面上の対立とは裏腹な動きもあるのでしょうか
>
>
>
> ロシア政治経済ジャーナル No.564  2009/2/1号
>
> ★編集後記
>
> 世の中には、いろいろと面白いことがあります。
>
> たとえば、3800年前にアブラハムさんという人がいました。
>
> 息子はイシマエルとイサクといった。
>
> イシマエルの子孫にマホメットが出て、イスラム教を作ります。
>
> イサクの子孫にモーセが出て、ユダヤ教を作ります。
>
> 今、中東でユダヤ教のイスラエルと、イスラム教のアラブ諸国が
> ケンカしている。
>
> これ、元々アブラハムの子供同士の兄弟ケンカなのです。
>
> すごくないですか?
>
>
> さて、ユダヤの王さまにダビデさんという方がいました。
>
> ダビデの子孫にヨセフさんという人がいるのですが、これがイエ
> スキリストのお父さんです。
>
> イエスは十字架ではりつけにされ殺されるのですが、弟子たち
> ががんばって、教えを世界中にひろげました。
>
> それがキリスト教。
>
> キリスト教は、今から約1000年前にカトリックと東方正教会にわ
> かれます。
>
> その後、カトリックに反対する人たちがプロテスタントの勢力を形
> 成します。
>
>
> 東方正教会の最大勢力は、ロシア正教会。
>
> で、ロシア正教会は、唯物無神論の共産主義者がソ連をつくっ
> たとき分裂しました。
>
> つまり、ロシア国内のロシア正教と、外国のロシア正教。
>
> ロシア正教の総主教アレクシー2世さんは、ロシアと外国のロシ
> ア正教を再統一することに成功しました。
>
> アレクシーさんは役割をはたして安心したのか、昨年12月天国
> に行きました。
>
>
> さて、1月27日、キリルさんが新総主教に選ばれました。
>
> このキリルさんという方は、ロシア正教の渉外局長だった方で、
>
>
> カトリックとの和解をずっと担当してきたのです。
> ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>
> 「なんでロシア正教はカトリックと和解したいのですか?」
>
>
> とある神父さんに尋ねると、
>
>
> 「共通の敵がいるからさ!」
>
>
> との答え。
>
>
> 「共通の敵とは?」
>
>
> かえってきたのは、意外な回答。
>
>
> 「共通の敵とは・・・」
>
>
> 衝撃の答えはこちら。(ホントかウソかは知りません)
> > http://www.angel-demon.jp/
>
> 全世界的に大ブームを引き起こした映画『ダ・ヴィンチ・コード』。その原作者ダン・ブラウンのベストセラー「天使と悪魔」が待望の映画化。本作もトム・ハンクス演じる、ハーヴァード大学の宗教象徴学の権威であるロバート・ラングドンが、世界中を震撼させる謎に遭遇する。監督は前作と同じくロン・ハワード。製作はブライアン・グレイザー、ジョン・キャリー、脚本はアキヴァ・ゴールズマンとデヴィッド・コープ。『ダ・ヴィンチ・コード』の製作チームが再び集結。
> ラングドンは今回、歴史上最も謎に包まれた秘密結社・イルミナティの復活の証拠を発見し、彼らが最大の敵とみなすカトリック教会=ヴァチカンに致命的な脅威が迫っていることを知る。イルミナティの計画が密かに進行していることを突き止めたラングドンはローマに飛び、美しいイタリア人女性科学者・ヴィットリア・ヴェトラと協力してこの脅威に挑んでいくが・・・。封印された暗号、危険な地下墓地、歴史ある大聖堂、そして・・・ラングドンとヴェトラは400年の歴史を持つ古代のシンボル=暗号をたどり、ヴァチカンを救う唯一の手掛りを探っていく
>
>
>     あらすじ
>
> ハーバード大学の*ロバート・ラングドン*教授は、ある日セルンの所長、*マク
> シミリアン・コーラー*からとある紋章についての説明を求められる。同研究所
> の科学者、*レオナルド・ヴェトラ*が何者かによって殺害された際、その紋章が
> 彼の胸に焼印として押されていたからである。レオナルドは最近、核エネルギー
> を凌駕する反物質の精製に成功しており、その反物質も犯人によって盗まれてい
> たことが判明する。ラングドンはその紋章を、伝説的な秘密結社
> <http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%98%E5%AF%86%E7%B5%90%E7%A4%BE>・イ
> ルミナティのものと断定するが、犯人と結びつけることには躊躇していた。彼は
> 手がかりを求め、殺害されたレオナルドの娘、*ヴィットリア・ヴェトラ*ととも
> にローマへと向かう。
>
> 一方ローマでは、新しい教皇を選出するコンクラーベ
> <http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%BC
> %E3%83%99>の真っ最中であった。にもかかわらず、新教皇の有力候補(プレフェ
> リーティ)の4人が揃って失踪していることに、コンクラーベ進行役の枢機卿で
> ある*モルターティ*は苛立ちを覚える。さらに、離れた場所では、ヴァチカンの
> 警護を任されたスイス衛兵隊
> <http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9%E5%82%AD%E5%85%B5>
> 隊長、*オリヴェッティ*のもとに監視カメラから奇妙な映像が映し出されてい
> た。そんな中、前教皇の侍従、*カルロ・ヴェントレスカ*のもとにイルミナティ
> を名乗る者から突然の電話が鳴る。かつて科学者を弾圧したキリスト教会に復讐
> するため、1時間に1人ずつ、拉致した新教皇候補を殺害してゆくという。
>
> 殺害が行われる場所のヒントに気付いたラングドンは、殺害を阻止し、盗まれた
> 反物質を発見すべく推理と追跡を開始する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車では気をつけましょう。冤罪

こうも世の中の経済状況がおかしくなりますと、有らぬ手を使ってお金を奪おう、政治的に邪魔だから陥れよう・・・など、思わぬ被害を被る危険度が増すばかり。

犯罪や罠でなくても、痴漢での冤罪は非常に厄介な問題ですね。

捕まれば、ほとんど逆転無罪は無理な痴漢の冤罪。

手を高く突き上げデューク歩きをした体勢のまま電車に乗るわけにも行きませんので、油断してますと誰もが痴漢扱いされる危険がつきまとういます。

各方面に言える事ですが、痴漢犯罪に関しましては弱い立場の人を守らなければならない事情も有りますが、これからは時代背景も考慮した法律が望まれますね。

リンク: <a title="電車の中で「痴漢です」! 叫ばれたらどうしたらいいのか弁護士・井上薫さんに聞く - 速報 ニュース:@nifty" href="http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jcast-34490/1.htm">電車の中で「痴漢です」! 叫ばれたらどうしたらいいのか弁護士・井上薫さんに聞く - 速報 ニュース:@nifty</a>.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家康から学ぶ中国

山岡宗八の小説は私も好きで読みました。

「人を殺さず活かす剣」である柳生新陰流の誕生話にはまりまして、徳川家と柳生に関心を持ち、それ以来柳生宗矩がもっとも好きな武将になりました。

そのせいも有りまして、歴史物は徳川家康から3代目の家光までの時代が一番面白く思えます。

それはいいとしまして、日本では女性の間で武将ブームが起きているそうですが、中国では家康が注目されているようですね。

人の心を掴む事に長けていたといわれる家康ですが、山岡宗八版の家康では見事に描写されており、「タヌキおやじ」「百姓は生かさず殺さず」など、幕末時に倒幕派により定着された家康のダークなイメージが払拭すされてますので、中国の方にも家康が受け入れやすい人物となったのでしょうね。

300年続く徳川幕府の礎を築いた家康のノウハウを、中国で効果的に実践されたその時は、日本にとって手強い存在となる事でしょうね。

欧米財閥が黙って見ているかは疑問ですけど。。。

リンク: <a title="「家康」に学んだ中国人はこんなに手ごわい - 速報 ニュース:@nifty" href="http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-05019225/1.htm">「家康」に学んだ中国人はこんなに手ごわい - 速報 ニュース:@nifty</a>.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

21世紀の殺虫剤は無害でなければ

時代を追うごとに、地球と共に汚染されていく人類の身体。

近年頻度を増した新種のウィルス情報。

今のままでは、未来の人類が心配ですね。はたして、未来はあるのでしょうか。

大量消費が支える経済成長によりもたらされた負の遺産を断ち切る一つの切り札として、ルフランさんが注目されたニーム成分は、明るい未来に向けて、大いなる可能性を持ち合わせているようです。

という事で、こんなページを作ってルフランさんを応援させて頂こうかと考えています。

これから少しずつ、形を整えていこうと思います。

仮題 ニームで明るい未来

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »