« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

米国政府は宇宙人存在隠ぺいしているのか!(J-CASTニュースより)

面白い記事ですので紹介します。

東スポネタ的な話題ですが、一般記事として扱われている所がミソかもしれません。

NASAは否定していると書かれていますが、存在を公表される日が近いような気がしてきました。

===============================

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jcast-24211/1.htm

「米国政府は宇宙人存在隠ぺい」 元宇宙飛行士「暴露」騒動拡大

2008年7月28日(月)19時8分配信 J-CASTニュース

   米航空宇宙局(NASA)の元宇宙飛行士が、ラジオ番組で「宇宙人が何度か人類に接触してきたが、政府はそれを隠蔽してきた」などと発言、タブロイド紙などで報じられた。さらに、ロイター通信などの「主流メディア」も「後追い」し、騒動が広がってきた。

「私たちのうち何人かは、一部の情報について説明を受けることができた」
   「宇宙人発言」の主は、1971年に打ち上げられた「アポロ14号」に搭乗したエドガー・ミッチェル氏(77)。ミッチェル氏は、アラン・シェパード氏とともに、9時間17分という月面歩行の最長記録を持っている。

   ミッチェル氏は2008年7月23日に放送された英音楽専門ラジオ局の番組の中で、地球外に生物が存在することを信じているかどうかを聞かれ、

「私たちは(宇宙で)ひとりぼっちではないことを確信している」
と、宇宙人の存在を肯定。その上で、

「宇宙人が過去にこの惑星(地球)を訪問しており、UFO現象は本物だ、という情報に触れる機会があった。だが、この事実は約60年間にわたって、政府によって隠ぺいされてきた。だが、少しずつ情報はもれ、私たちのうち何人かは、一部の情報について説明を受けることができた」
と述べた。宇宙人の外見については、体は小さいが目と頭は大きく、「ハリウッド映画に出てくるものと似ている」のだそうだ。さらに、人類が持っている技術は、宇宙人のものと比べて「洗練されていない」とした上で、

「もし彼らが敵対的であったならば、人類は滅ぼされていたことでしょう」
と警告した。

   一方のNASAは、

「NASAでは、UFOを追跡することはしていません。ミッチェル氏は偉大なアメリカ人ですが、私たちは、この件についてのミッチェル氏の意見を共有するものではありません」
と、「宇宙人訪問説」を否定した。

ロイター通信が動画でインタビューを配信
   この段階では、英国の代表的タブロイド紙である「デイリー・メール」などが報じるにとどまっていた。だが、米ドキュメンタリー専門局「ディスカバリー・チャンネル」やロイター通信がミッチェル氏にインタビューするなど、騒動は「主流メディア」にも波及した。もっとも、このレポートでは、「宇宙人説」に否定的なUFO専門家のコメントをあわせて紹介するなど、全体的に抑制的だ。

   一方、日本国内での報道ぶりをみると、7月25日に時事通信が事実関係を淡々と報じた後、翌7月26日には、UFO報道が得意な「東京スポーツ」が、

「ミッチェル氏は非常に信頼に足る人物」
「私がつかんだ情報によれば(UFOの情報は)2009年から2~3年以内に公開されるとのことです」
と、複数のUFO専門家の声を紹介。「宇宙人実在説」にきわめて肯定的な論調で報じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一瞬の夕焼け

昨日と今日、日が暮れる直前に一瞬だけ強い夕焼けにより、景色が紫色に染まったのですが、写真に撮るとカメラの性能が良過ぎて、明るく普通に写ってしまうので上手く伝わらないのでボツにしようと思っていました。が、やはりお伝えしておこうと思います。

最近地震が多いので、この夕焼けが前兆でないとも言えませんし。。。

明日はどんな空模様になるでしょう。

昨日27日の午後7時ちょっと前頃。

006a 色の補正はしてません。

かなり色が付いていますが、これでも足りないくらいです。

今日28日の夕焼け空。

003a

本当は全体がもっと赤いのですが、この写真では普通の空にしか見えませんね・・・

004a 何とか夕焼けである事は分かりますが、実際の見た目はもっと強いオレンジでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先日見た夢、北海道揺れるのか?

3日前になりますがちょっと変わった夢を見ました。

北海道の江別に住んでいる叔父から届いた葉書を見ています。

筆ペンで書かれた達筆で読むのに一苦労。葉書の隅には筆ペンでゼロ戦が撃墜される漫画が描かれていました。

お盆に母の本家に行った際、叔父から貴重な戦争体験を聞かされたのを思い出しましたが(いつか書くつもりです)、江別の叔父は本家の叔父の弟です。

葉書の内容は、

「まさか家が倒壊するとは。こんな目に遭うなんて思ってもいない事だった」

こんな内容でした。

私は夢の中で「まじかよ、おい・・・」なんて思っているところで目が覚めました。

その夢が頭から離れなかったので、翌日仕事が終わってから実家に電話し、母に夢の話を伝えました。

先日岩手で震度6強の地震が発生したばかりでしたので気にし過ぎのせいなのかもしれませんが、江別の叔父の事を夢に見たのは初めてでしたので、一応親戚一同に北海道も地震に気をつけるようにと伝えたのですが、

母が「この頃テレビをつけると毎日地震速報が出るよ。震度1とか2とか」

との事。

うーん、ちょっと気になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »